自治体をさがす

石垣市/いしがきし

※このページに掲載の情報は、2015年5月13日現在のものです。

石垣市 ふるさと納税石垣市まちづくり支援寄付金

石垣市は日本列島の最西南端にある、11の有人島からなる八重山諸島の拠点都市で、温暖な気候の中、美しいサンゴ礁とエメラルドグリーンの海に囲まれた美しい島です。石垣市まちづくり支援寄付金(ふるさと納税)では、多様な人々の参加による個性あふれるまちづくりを目的に、「石垣市」に貢献したい、応援したいという皆様の気持ちを6つの事業に活用させていただきます。

ふるさと納税(寄附金)を使用して、
これまでに行った事業を紹介しています。

学校図書の充実を図る事業(未来を担う子どもの教育及び少子化に関する事業)【平成26年度】

本事業では、市立小学校(20校)のうち、蔵書率が100%に達していない小学校計8校に図書購入費の割り当てを行いました。図書の選定について分野は限定せず、各学校において必要な図書の選定を行い購入しました。
整備冊数としては、総計304冊の図書が整備され、図書の充実が図られたことにより読書に接する機会が増え、多様な知識の習得と豊かな感性を育むことができました。これらは学校図書教育環境の向上にもつながっています。整備された各学校の図書室では、当面の間「ふるさと納税基金図書コーナー」を設置し、事業の周知も行いました。
今回の図書購入の支援は、一部の小学校を対象としたため、今回配分のなかった学校、また依然として蔵書率の基準が達成されていない学校に対し、継続した事業の実施が望まれています。各学校への予算割り当て方法等について今後研究・検討し、より効果的な基金の活用にとりくんでまいります。

市街地の花いっぱい事業(その他のまちづくりに資する事業)【平成25年度】

市道を中心に、マリーゴールドやサルビアなどの花を植え付けし、道路の環境美化に取り組みました。事業実施にあたっては、婦人会やボランティア団体に協力して頂き、植栽枡にたくさんの花を咲かすことができました。植え付けした道路では、花がきれいに咲き環境美化に大きく寄与できました。
市街地花いっぱい運動は、各種団体等や住民が、気軽に花をいかしたまちづくりに参加するきっかけとなるよう、行政として事業を提案しました。事業実施後は、市民への啓発運動にもつながり、花とみどりあふれる街づくりに取り組むことができました。
花いっぱい運動を進めるためには、この運動を住民の自立的供給体制となることが必要です。この運動を継続して実施し、最終的には住民が自立して活動を進めるように取り組んでまいります。

赤土流出防止事業(自然環境保全及び景観の維持・再生に関する事業)【平成24年度】

赤土とは沖縄県内ではよくみられる、赤茶色の土のことです。大雨などが降るとこの赤土が道路や川へ流れてしまい、これが海に流れ出るとサンゴ礁などの自然環境が汚染されることが懸念されています。本事業では、月桃の苗を赤土の流出しやすい場所に植えていき、グリーンベルトを造ることで赤土の流出を防ぐことを目的に実施いたしました。今回は約5,000本余りの月桃の苗を植え付けました。赤土防止対策を行うことにより、海への赤土防止を図るだけでなく、農地の保全もできるので、自然環境保全へとつなげることができました。本事業は継続した取組が必要でることから、翌年度以降も意識啓発を含めた取り組みが実施できるよう取り組んでまいります。

基本情報
所在地 〒907-8501 沖縄県石垣市美崎町14番地
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ