自治体をさがす

掛川市/かけがわし

※このページに掲載の情報は、2015年5月11日現在のものです。

掛川市 ふるさと納税

平成17年4月1日に掛川市、大東町、大須賀町が合併し、新しい掛川市が誕生しました。掛川市は、南部には遠州灘の「海」、北部には「山」を有し、豊かな地域資源を備えたふるさとです。また、掛川市には東西に横断する「街道」があり、城下町や宿場町として発展した歴史あるまちです。この掛川市の持つ地域資源やこれまで築いてきた歴史文化を土台としながら、生涯学習都市としてのまちづくりを進めています。
「ふるさと掛川」を愛し、掛川市のまちづくりを応援したいというみなさまからの温かいご支援をお待ちしています。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

地震津波対策事業

地震・津波対策の中でも、特に沿岸部を抱える掛川市にとっては、津波対策が喫緊の課題であります。この対策の早期実施のため、掛川市では平成25年度より地震津波対策事業として5年間3億円を目標として「地震・津波対策整備基金」を設置するとともに、全市的な防災意識の醸成を図ることを目的に、市民、企業、団体などに協力を呼びかけ、「協働」の力で募金活動を展開しています。

基本情報
所在地 〒436-8650 静岡県掛川市長谷一丁目1番地の1
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ