自治体をさがす

琴浦町(東伯郡)/ことうらちょう

※このページに掲載の情報は、2015年6月25日現在のものです。

琴浦町(東伯郡) ふるさと納税琴浦町ふるさと未来夢寄附金

琴浦町では平成20年4月、ふるさとへの寄附金を受け入れるため「琴浦町ふるさと未来夢基金」を設置しました。
これは、皆様が琴浦町にご寄附くださることによって、美しいまちなみや豊かな自然を保存し、次世代の子どもたちの育成を図るとともに、高齢者が心和むまち、町や人が活き活きと輝く夢のあるまちに育てていこうとするものです。
ぜひ皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

自然環境保全事業

本町は、北は日本海、南は中国地方最高峰の大山(だいせん)の裾野が広がる自然豊かなまちです。この美しい自然環境を守るため、資源ごみ回収推進事業や不法投棄対策・海岸漂着物の処理事業を行っています。

次世代育成事業

次代を担う子どもたちの健やかな成長を願い、脳トレ、ICTを活用した教育を推進するなど、保育・教育環境の整備を行っています。また、子どもを産みやすく育てやすい環境づくりのため、保育料の軽減や相談・支援事業などさまざまな子育て支援事業を行っています。

高齢者福祉事業

高齢社会に対応するため、介護予防・認知症予防事業を積極的に推進しています。
また、高齢者が活き活きと働くことができる環境づくりを支援しています。

地域活力創出事業

少子高齢化が進む中で、祭りを実施するなど地域の元気を生み出す事業を行っています。
また、町民が活き活きと活動できる環境を整備しています。

ふるさと納税(寄附金)を使用して、
これまでに行った事業を紹介しています。

船上山万本桜公園復活戦略事業

船上山(せんじょうさん)は、「屏風岩」とよばれる高さ約60〜100mの垂直に近い断崖が特徴の、雄大な山で、標高615mの頂上まで約40分とハイキングに最適です。ダム湖に映る船上山の雄姿など、ダム湖周辺を散策するだけでも絶景を楽しむことができます。
また、鎌倉時代には、隠岐の島を脱出した後醍醐天皇が新政復活を誓って立てこもったことでも有名な山です。
船上山一帯は、船上山万本桜公園と呼ばれ、桜の名所でもあります。ソメイヨシノをはじめ、多くの種類の桜があり、4月上旬〜5月上旬まで花見を楽しむことができます。4月下旬には、遅咲きのヤエザクラに合わせて「船上山さくら祭り」を開催しています。
船上山周辺整備については、昭和60年代から船上山万本桜公園周辺に、桜の植樹を行い、その後の草刈り等による管理を行ってきましたが、近年、集中豪雨等により既存の桜の倒木等が増加してきています。万本の桜があると思って万本桜公園をお越しいただいた方はボリュームが小さくて、残念な気持ちで帰られるということが多くありました。
このため、ふるさと納税でお寄せいただいた寄附を基に、町民約130人で100本の桜を植樹することができました。今後も植樹・整備を行い、かつての賑わいある山を目指していきます。

基本情報
所在地 〒689-2392 鳥取県東伯郡琴浦町大字徳万 591-2
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ