自治体をさがす

田辺市/たなべし

※このページに掲載の情報は、2015年4月17日現在のものです。

田辺市 ふるさと納税「ふるさと田辺応援寄附金」

平成17年5月1日、5つの市町村(田辺市、龍神村、中辺路町、大塔村、本宮町)の合併により誕生した「田辺市」は、黒潮洗う田辺湾、緑豊かな紀伊山地とその山々を源とする大小の河川など、様々な自然の中で育まれた歴史や文化など多くの地域資源を有しています。
私たちは、これらを大切にしたまちづくりを進めるとともに、貴重な財産として未来へと継承していきたいと考えています。こうした活動への温かいご支援をお待ちしています。

ふるさと納税(寄附金)の使途(事業)について、
現在取り組んでいる、および今後予定しているものを紹介します。

蟻の熊野詣 〜世界遺産(熊野古道)関連事業〜

平成16年7月にユネスコの世界遺産に登録された「熊野古道」。このかけがえのない財産を損なうことなく皆様とともに後世に引き継ぐため、熊野古道の保全、整備等の事業に活用させていただきます。

地球にやさしいふるさと 〜環境保全事業〜

田辺市が有する豊かな森林資源を活用した、地球温暖化防止や水源涵養などの多面的機能を生かす取組のほか、農・林・水産資源の有効活用による省資源化やリサイクルの推進など、地球と環境に優しい循環型社会づくりのための各種事業に活用させていただきます。

あがらのまち 〜ふるさとづくり事業〜

5市町村の合併により誕生した田辺市は、長い歴史の中で築き上げられた多様な地域性を有しており、それぞれの地域(ふるさと)が持つ特色ある文化、歴史、風土などを生かした地域づくりを進めていくための取組に活用させていただきます。
(田辺、龍神、中辺路、大塔、本宮の各地域を指定することができます。)

元気かい!ふるさとの父、母、友よ 〜安心して、心豊かに暮らせるまちづくり事業〜

少子高齢化が進行する現在、田辺市のまちづくりの基本理念である「一人ひとりが大切にされ、幸せを実感できるまちづくり」を進めるために高齢者福祉や次世代育成などに関する各種事業に活用させていただきます。

田辺にゆかりのある世界的偉人 〜南方熊楠翁・植芝盛平翁顕彰事業〜

世界的な博物学者・南方熊楠翁がその半生を過ごした地として、また、合気道開祖・植芝盛平翁生誕の地としてゆかりのある田辺市では、その偉大な業績を後世に正しく伝え残すため、顕彰活動などに取組んでおり、その各種事業に活用させていただきます。
(南方熊楠翁又は植芝盛平翁のいずれかを指定してください。)

ふるさと納税(寄附金)を使用して、
これまでに行った事業を紹介しています。

世界遺産登録10周年記念事業(平成26年度)

世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」が、平成26年に登録10周年を迎えたことから、世界遺産価値を再確認し、あわせてその価値を広く知って頂くため、世界遺産登録10周年記念事業を実施いたしました。
主な実施内容としましては、熊野古道を、語り部と一緒に古道の魅力を楽しみながら歩きつつ、登録資産を大切に次世代に引き継ぐための古道修復活動(道普請)を実施したほか、世界遺産登録10周年記念式典を開催するとともに、式典では「世界遺産熊野本宮館」の名誉館長に荒俣宏さんを委嘱し特別講演を開いたほか、今後、荒俣館長から熊野古道の歴史や魅力を広く広報いただきます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ市観光交流事業(平成26年度)

世界で二例しかない数百キロにも及ぶ「巡礼道」の世界遺産を有する和歌山県田辺市とスペイン国ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステーラ市は、日西交流400周年記念及び「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録10周年を契機に、両市が連携して観光交流事業に取り組むため、観光交流協定を締結いたしました。
これを契機に、国内外で開催される旅行展覧会等に共同出展し、両市の観光プロモーションを行い、広くPRしてまいります。

価値創造戦略プロモーション事業(平成26年度)

平成26年は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の登録10周年、平成27年は田辺市合併10周年、紀の国わかやま国体、紀の国わかやま大会の開催など、大型周年事業を迎えることから、田辺市をPRする絶好のシティプロモーションを迎えることら、田辺市の魅力や取組が注目されるよう、渋谷ヒカリエにおける首都圏プレス発表会を皮切りに様々なイベントを通して効果的な情報発信を行いました。

木質ペレットストーブの導入モデル事業(平成26年度)

田辺市は90%が森林が占めており、この森林資源と林業の振興は大きな課題です。
そこで、紀州材の利用促進を図り、地域環境にやさしい木質バイオマス燃料を有効に活用するため、市内小学校に木質ペレットストーブを導入し、今後の普及に向けて多面的に評価を行っていきます。

災害用備蓄品の購入(平成26年度)

今後発生が予測される南海トラフ大地震をはじめ、各種災害を想定した場合、避難者に対する支援のための毛布や食事等の生活必需品について、計画的に整備しています。

基本情報
所在地 〒646-8545 和歌山県田辺市新屋敷町1番地
公式サイト
お問い合わせ

都道府県からさがす

 

ページの先頭へ