ピックアップ!ふるさと納税

和歌山県 橋本市 郷土の魅力 未来へつなぐ心のふるさと

※このページは、和歌山県 橋本市からの投稿記事です。掲載内容に関するご意見・ご質問等は、和歌山県 橋本市にお問い合わせください。

橋本市は、和歌山県の東北端、大阪府・奈良県の県境に位置する人口約65,000人のまち。中世では、京から高野山に至る高野街道の宿場町として栄えました。江戸時代には船継問屋場(ふなつぎといやば)として、また大和街道・高野街道を往復する伝馬所(てんまじょ)として、地方物産の集散地としてこの地方の中心地となりました。また、世界的数学者「岡潔(おかきよし)」博士のふるさとでもあり、博士の偉業をこの地から発信し、未来に継承する事業を展開します。

岡潔博士の偉業や日本人の心の大切さを未来へ継承するため、記念館の整備や情報収集、展示などの顕彰事業を行います。

岡潔は伝説的な天才数学者で、当時世界の数学者の誰もが手に負えなかった多変数函数論の三つの大問題を一人で全て解決した人です。これらの業績により文化勲章を受章し、橋本市最初の名誉市民となりました。日本人でフィールズ賞(数学界のノーベル賞)を受賞した3人の数学者も岡の研究成果の恩恵を受けています。

橋本市では、岡先生の功績を称え、関係資料を保存し、未来に継承していくとともに、数学の発展に貢献したいと考えています。また、岡先生の業績や思想を受け継ぐとともに、算数数学教育を推進するため「橋本市岡潔数学WAVE」を設立しています。主な活動では、「おもしろ算数・数学教室」、岡潔顕彰講演会、伝記絵本「岡潔博士ってだぁーれ?」の制作などを行っています。

平成31年の「岡潔記念館」の開館に向けて全国から寄附金を募っています。しかしながら、その整備費はまだ十分ではありません。この度の寄附金は、その整備費の一部として役立てられる予定です。
日本の世界に誇る数学者「岡潔先生」の数学にかけた情熱、そして思想家として日本の未来を明るくするために執筆活動を続けた彼の偉業を後世に残す、一大プロジェクトに皆様のご支援とご協力を心よりお願い申し上げます。

詳しくは

URL:http://www.chw.jp/guide/kikakubu/kikaku_keiei/annai/hashimotocrowdfunding.html別ウィンドウで開きますまで
または、「橋本市ふるさと納税」で検索。

  • ピックアップ!ふるさと納税 トップページに戻る
 

ページの先頭へ