国家公務員制度

トピックス

国家公務員制度の概要

 国家公務員には、一般職と特別職があり、裁判所職員、国会職員、防衛省の職員等(国家公務員法第2条第3項に列挙)は特別職、それ以外の全ての職員は一般職とされています。
 一般職の国家公務員制度については、昭和22年に制定された国家公務員法が適用されます。国家公務員法は、国民に対して公務の民主的かつ能率的な運営を保障することを目的としており、この目的を確保するため、(1)平等取扱いの原則、(2)人事管理の原則、(3)情勢適応の原則という、3つの原則を定めるとともに、国家公務員の任用、給与、人事評価、能率、分限、懲戒、服務、退職管理など国家公務員制度の基本を定めています。
 このほか、給与や勤務時間、人事交流、休業、退職手当、倫理に関する法律など、国家公務員に関する法律が別に定められています。
 なお、特別職の国家公務員については、基本的には国家公務員法によらず、別途、裁判所職員臨時措置法や国会職員法、自衛隊法等により任用等が定められています。

国家公務員制度

人事管理に係る総合調整
人事管理運営方針
任用
任用
標準職務遂行能力
女性国家公務員の採用・登用の拡大等
給与・退職手当
給与
退職手当
人事評価
人事評価
人事評価の方法等
その他人事評価の関連資料
服務・勤務時間
服務
勤務時間
休業制度等
人事交流
国と民間/府省間/国と地方の人事交流
官民人事交流推進ネットワーク
啓発・研修事業
啓発・研修事業
自己啓発休業
留学費用の償還等に関する状況
福利厚生
福利厚生基本計画
心の健康づくり対策
健康・安全管理対策
高齢対策
定年制度
退職準備プログラム等の推進
再任用制度
退職管理の適正化
退職管理の適正化
再就職状況の公表等
早期退職慣行の是正
労働基本権
労働基本権の考え方
労働基本権の現状
労働基本権の検討
公務員制度改革の推進
公務員制度改革の推進
公務員制度改革の経緯

関連リンク

ページトップへ戻る