情報バリアフリー環境の整備

 ICT(情報通信技術)の進展は、社会に大きな変革をもたらすとともに、私たちに様々な恩恵をもたらしています。しかし、年齢・身体的条件によるデジタル・デバイドのため、現状では、高齢者・障害者等、こうした恩恵を享受できていない人々がいることも事実です。
 総務省では、高齢者・障害者を含めた誰もがICTを利活用し、その恩恵を享受できるよう、以下のような情報バリアフリー関連施策を積極的に推進しています。

利用環境のユニバーサルデザインの推進

情報アクセシビリティの確保

  1. 電気通信機器等のアクセシビリティ
  2. ウェブアクセシビリティ
    • ウェブアクセシビリティ指針の策定等
    • 「みんなの公共サイト運用モデル」の策定
    • ウェブアクセシビリティ点検・修正システムの開発
    • 情報アクセシビリティに配慮した電子政府の推進
    • 高齢者のユーザビリティに配慮したICT利活用環境に関する調査研究

視聴覚障害者向け放送の普及促進

  1. 視聴覚障害者向け番組の放送努力義務化
  2. 字幕・解説放送普及目標の策定、進捗状況の公表
  3. 字幕・解説番組等制作費の一部助成

個別ニーズへの支援、情報リテラシーの確保

研究開発等への支援

  1. 障害者向け情報通信サービスの開発・提供の支援
  2. 高齢者・障害者の利用しやすい機器等の開発支援

高齢者・障害者のICT利活用支援

  1. 障害者のIT利活用支援の在り方に関する研究会
  2. 高齢者・障害者のICT利活用の評価及び普及に関する調査研究

参考資料

担当窓口

総務省情報流通行政局情報通信利用促進課
電話 03−5253−5111(代表)
FAX 03−5253−5745

(視聴覚障害者向け放送の普及促進については)
総務省情報流通行政局地上放送課
電話 03−5253−5111(代表)
FAX 03−5253−5794
 

みんなの公共サイト運用モデル

ページトップへ戻る