BSアナログ放送の終了に係るQ&A (ver1.5)

<BSアナログ放送の終了に係る関係者連絡会>
  BSアナログ放送は、2011年(平成23年)7月24日に終了します。現在、BSアナログ放送をご覧になっている方におかれましては、すでに開始されているBSデジタル放送への移行をよろしくお願いします。
     
1. BSアナログ放送の終了について
   1-1. 2011年7月24日に終了するBSアナログ放送とはどういうものですか。
  1-2. BSアナログ放送の終了時期は、いつ、どのように決まったのですか。
  1-3. 2011年7月24日に終了するとのことですが、同日までBSアナログ放送番組を見ることができるのですか。BSアナログ放送の具体的な終了スケジュールは決まっていますか。
  1-4. BSアナログ放送終了後の周波数はどうなるのですか。
     
2. BSデジタル放送とは?
  2-1. BSデジタル放送とはどういうものですか。
  2-2. BSデジタル放送はいつから見ることができますか。
  2-3. デジタル放送のメリットは何ですか。
  2-4. BSデジタル放送のサービスにはどんなものがありますか。
  2-5. BSアナログ放送のチャンネルは見られなくなってしまうのですか。
  2-6. BSデジタル放送を見るためには料金がかかりますか。
  2-7. BSアナログ放送からBSデジタル放送に移行した場合、NHKの受信料は変わりますか。
  2-8. BSデジタル放送は、すべてハイビジョンなのですか。
  2-9. BSデジタル放送と110度CSデジタル放送は何が違うのですか。
  2-10. BS・110度CSデジタル放送と地上デジタル放送とはどう違うのですか?
     
3. BSデジタル放送に移行するためには(視聴するためには)?
  3-1. BSデジタル放送を見るためには何が必要ですか。
  3-2. 現在、BSアナログ放送の受信に使用しているアンテナ、ケーブル等をそのまま使用して、BSデジタル放送を見ることはできますか?
  3-3. スカパー!(東経124/128度CSデジタル放送)受信用のアンテナで、BSデジタル放送を見られますか。
  3-4. アンテナは、自分で取り付けられますか。
  3-5. アンテナを取り付ける角度がわからないのですがどうしたらよいですか。
  3-6. アンテナを取り付ける前に、BSデジタル放送の電波が受信できるか調べる方法はありますか。
  3-7. 南西の方角にアンテナを取り付けられないのですが、どうしたらよいですか。
  3-8. ケーブルテレビでBSアナログ放送を見ている場合はどのようになるのでしょうか。また、BSデジタル放送はケーブルテレビで見ることができますか。
  3-9. マンション等の、集合住宅の共同受信施設によりBSアナログ放送を見ている場合、BSデジタル放送を見るために何が必要ですか。
  3-10. BSデジタル放送をパソコンで見ることはできますか。
  3-11. BSデジタル放送を見るためには、どれくらい費用がかかりますか。
  3-12. 今使っているアナログテレビでBSデジタル放送を見ることはできますか。またBSデジタル放送用チューナーを内蔵していないテレビでBSデジタル放送を見ることはできますか。
  3-13. 現在使用中の、BSアナログチューナー内蔵のTVや録画機は使用できなくなるのですか。使用できなくなるのであれば、デジタル対応機種への交換など補償してもらえないのですか。
  3-14. アナログテレビにBSデジタルチューナーが内蔵された録画機等を接続した場合、BSデジタル放送をハイビジョン画質で見ることができますか。
  3-15. テレビ画面のヨコとタテが4:3のTVに、BSデジタルチューナーが内蔵された録画機等を接続してBSデジタル放送を視聴すると、人物の顔が縦長になってしまうのですが。
     
4. その他
  4-1. アナログのビデオデッキでBSデジタル放送を録画することはできますか。
  4-2. 「ダビング10(ダビングテン)」とは何ですか。
     
5. お問い合わせ先

1.BSアナログ放送の終了について

1-1. 2011年7月24日に終了するBSアナログ放送とはどういうものですか。
    BS(放送衛星)によりアナログ方式で放送されている放送のことです。現在、以下の放送が行われています。

    NHK BS1(BS7チャンネル)
  NHK BSプレミアム(BS11チャンネル)
  WOWOW(BS5チャンネル)

    番組画面の右上に「アナログ」というロゴが表示されていれば、そのチャンネルはアナログ放送です。さらに、2011年(平成23年)7月1日からは、通常放送の画面上に「アナログ放送終了まであと○○日!」等のスーパーを常時表示しています
  また、NHK及びWOWOWより、それぞれのご契約者に対し、今後、継続的にBSアナログ放送の終了に関するご案内をお知らせして参ります。ご不明な場合は以下の連絡先までお問合せください。

    NHK及びWOWOWのお問い合わせ先
      NHKアナログ放送終了お問い合わせセンター
0570-07-2011(ナビダイヤル)
03-4334-1455(IP電話の方)
9時〜18時 年中無休

      WOWOWカスタマーセンター
0120-580-807 (フリーダイヤル)
045-683-8080 (PHS、IP電話の方)
9時〜20時 年中無休

1-2. BSアナログ放送の終了時期は、いつ、どのように決まったのですか。
    2003年(平成15年)に、放送普及基本計画の一部が変更され、2011年(平成23年)までに終了することが決まりました。
    <参考>
  総務省において開催された「衛星放送の在り方に関する検討会」の最終取りまとめ(平成14年12月)にて、2011年(平成23年)までに終了することが適当であると提言。
  2003年(平成15年)3月の電波監理審議会答申を受け、放送普及基本計画の一部が変更され、2011年(平成23年)までに終了することが決定。
  2008年(平成20年)3月の電波監理審議会答申を受け、放送普及基本計画の一部が変更され、地上アナログ放送と同日の2011年(平成23年)7月24日までに終了することが決定。

1-3. 2011年7月24日に終了するとのことですが、同日までBSアナログ放送番組を見ることができるのですか。BSアナログ放送の具体的な終了スケジュールは決まっていますか。
    BSアナログ放送は、2011年(平成23年)7月24日正午にブルーバックのお知らせ画面に全面移行し、同日24時までに完全に停波します。

1-4. BSアナログ放送終了後の周波数はどうなるのですか。
    BSアナログ放送終了後の周波数は、BSデジタル放送の新規追加チャンネルのために使用される予定です。新規追加チャンネルは、2−1の回答をご参照ください。

2.BSデジタル放送とは?

2-1. BSデジタル放送とはどういうものですか。
    BSによりデジタル方式で放送されている放送です。
  現在放送されているBSデジタル放送は次のとおりです。

   

【現在のチャンネル構成】

■テレビジョン放送
       NHK BS1、BSプレミアム
    無料放送   BS日テレ、BS朝日、BS-TBS、BSジャパン、BSフジ、BS11、TwellV
    有料放送 WOWOW、スター・チャンネル ハイビジョン

    ■データ放送
    ウェザーニュース

   

【2011年(平成23年)10月目途に開始予定】

■テレビジョン放送
    無料放送   放送大学
    有料放送 WOWOW(新規1(仮)、新規2(仮))、スター・チャンネル(新チャンネル1(仮)、新チャンネル2(仮))、アニマックス、BS−FOX(仮)、スカパー・エンタ−テイメント(仮)、J sports1(仮)、J sports2(仮)
    一部有料放送 BSグリーンチャンネル(仮)

   

【2012年(平成24年)春に開始予定】

■テレビジョン放送
    無料放送   D−Life(仮)
    有料放送 ディズニー・チャンネル、洋画★シネフィル・イマジカ、 J sports Plus、J sports ESPN、 BS釣りビジョン、日本映画専門チャンネル


2-2. BSデジタル放送はいつから見ることができますか。
    BSデジタル放送は2000年(平成12年)より放送を開始しています。対応のパラボラアンテナやBSデジタル放送受信機などの受信設備を用意すること、もしくはCATV局経由(一部を除く)等により、今すぐにご覧いただけます。

2-3. デジタル放送のメリットは何ですか。
    デジタル放送では、高精細度テレビジョン放送(ハイビジョン放送) や5.1chサラウンド放送などの高品質な映像・音声サービスのほか、データ放送などの多様なサービスの提供が可能になります。また、アナログ放送に比べ、有限希少な電波を効率よく使用することができるため、アナログ放送よりもたくさんの放送番組を視聴することが可能となります。

2-4. BSデジタル放送のサービスにはどんなものがありますか。
    <デジタルハイビジョン>
  HD(High Definition)TVとも呼ばれ、 画質の精細さを示す走査線の数が、従来のテレビの2倍以上あります。このため、色彩も美しく、細かいところまでくっきりと見えますので、臨場感あふれる鮮明な映像を楽しめます。
  また、画面の横と縦の比率が、現行の地上アナログ放送の4:3の画面に比べ、人間の視野に合う16:9になっていますので、迫力のある画面で迫ってきます。

  <5.1chサラウンド>
  デジタル放送の音声はCD並みの高音質です。特に5.1chサラウンド放送では、専用のアンプ(注)と6個のスピーカーで臨場感のある音声が楽しめます。なお、対応番組については、テレビ番組と同様EPG(電子番組表)や新聞のテレビ欄などでご確認いただけます。
  注:MPEG2 AAC(Advanced Audio Coding)対応のもの

  <データ放送>
  ニュースや気象情報・災害情報など、生活に役立つ便利な情報を、リモコンのdボタンを押すだけで「文字情報」、「静止画」などで、見たいときに いつでも見ることができるサービスです。また、番組内容と連動しているデータ放送が行われている場合もあります。例えばドラマなら、番組を見ながら、あらすじや登場人物を確認したり、スポーツなら、試合経過や選手紹介などを見ることができます。


  <EPG>
  EPGとは「Electronic Program Guide」という電子番組表のことです。リモコンでEPG(電子番組表)ボタンを押すとテレビ画面にその日から1週間の番組表が表示されます。放送時間や出演者など、最新の番組内容の表示や検索、番組予約を行うことができます。

  <字幕放送>
  字幕放送とは、セリフやコメントを文字テロップで表示するサービスです。地上アナログ放送の場合は、特別なアダプターが必要でしたが、デジタル放送では受信機の標準機能として、字幕放送を見ることができるようになりました。字幕放送番組については、EPG(電子番組表)や新聞のテレビ欄でご確認いただけます。

  <双方向>
  受信機に電話回線やインターネット回線(注)をつなぐことにより、テレビ局と双方向に情報のやりとりができるようになる機能です。リモコンの操作でクイズ番組に参加したり、テレビショッピングなどを気軽に楽しむことができます。
  注:別途、通話料が必要となる場合があります。

2-5. BSアナログ放送のチャンネルは見られなくなってしまうのですか。
    BSアナログ放送は、2011年(平成23年)7月24日に終了しますので、そのままでは放送番組は見られなくなります。しかし、現在BSアナログ放送でご覧いただいている、NHKのBS1、BSプレミアム、WOWOWは、すでにBSデジタル放送でも放送されています。引き続きBSデジタル放送でご覧ください。

2-6. BSデジタル放送を見るためには料金がかかりますか。
    NHKと受信契約を結ぶ必要があります。
  無料放送を視聴するには料金はかかりません。
  有料放送(WOWOW、スター・チャンネル ハイビジョン)を視聴される場合は、別途、視聴料が必要になります。料金等の詳細については各放送事業者にお問い合わせください。

    各放送事業者のお問い合わせ先
         NHK NHKの受信料、受信契約に関する問い合わせ先
0120-151515 (フリーダイヤル)
午前9時〜午後10時/土・日・祝日は午前9時〜午後8時
044-871-8444または 06-6910-3315(IP電話等フリーダイヤルがつながらない場合)(平日は午後9時まで)

         WOWOW WOWOWカスタマーセンター
0120-580-807 (フリーダイヤル)
045-683-8080 (PHS、IP電話の方)
9時〜20時 年中無休

         スター・チャンネル スター・チャンネル カスタマーセンター
0570-013-111
045-339-0399 (PHS、IP電話の方)
10時〜18時 年中無休

2-7. BSアナログ放送からBSデジタル放送に移行した場合、NHKの受信料は変わりますか。
    NHKの受信料は、BSアナログ放送からBSデジタル放送に移行しても変わりません。また、契約を締結し直す必要はありません。

2-8. BSデジタル放送は、すべてハイビジョンなのですか。
    最近はハイビジョン制作した番組もかなり増えてきましたが、昔の映画やドラマ等、ハイビジョンではない番組もあります。(番組によっては、1チャンネルのハイビジョン画像帯域を2〜3チャンネルの標準画像に分割して放送することもあります。)
  なお、現在のBSアナログ放送は標準画質のみであり、ハイビジョンは放送されていません。

2-9. BSデジタル放送と110度CSデジタル放送は何が違うのですか。
    BSデジタル放送は放送衛星、110度CSデジタル放送は通信衛星を使用して放送を行っています。
  どちらも東経110度に位置する衛星から放送されるため、BS/110度CS対応のパラボラアンテナであれば、1つのパラボラアンテナで両方の放送を受信することが可能となります。

2-10. BS・110度CSデジタル放送と地上デジタル放送とはどう違うのですか?
    BSや110度CSデジタル放送は、東経110度に位置する衛星を使った放送です。放送エリアは日本全国ですので、日本中どこでも同じ番組をお楽しみいただけます。一方、地上デジタル放送は、現在の地上アナログ放送と同様に、各地域の放送局から放送されます

3.BSデジタル放送に移行するためには(見るためには)?

3-1. BSデジタル放送を見るためには何が必要ですか。
    地デジ・BSデジタル・110度CSデジタル共用チューナー(いわゆる「三波共用チューナー」)などのBSデジタル放送に対応したチューナー又はBSデジタルチューナーが内蔵されたテレビ(液晶テレビ、プラズマテレビなど)、録画機等とBSデジタル放送受信用のアンテナ(パラボラアンテナ)が必要です。
    集合住宅などで、共同受信アンテナでBSデジタル放送を受信できる場合は、個別にアンテナは必要ありません。また、ケーブルテレビに加入して見る方法もあります。(お住まいの地域のケーブルテレビ局にお問い合わせください。)
  (社)日本ケーブルテレビ連盟のホームページからお住まいの地域のケーブルテレビ局を調べることができます。→こちら(http://www.catv-jcta.jp/index.php)

3-2. 現在、BSアナログ放送の受信に使用しているアンテナ、ケーブル等をそのまま使用して、BSデジタル放送を見ることはできますか?
    多くの場合視聴できますが、10年以上前に発売された製品ではBSデジタル放送を受信するための所要の性能が保証されていないため、ご覧いただけない場合があります。アンテナを接続し、BSデジタル放送が視聴可能か確認し、視聴できない場合は交換が必要となります。

3-3. スカパー!(東経124/128度CSデジタル放送)受信用のアンテナで、BSデジタル放送を見られますか。
    ほとんどのスカパー!(東経124/128度CSデジタル放送)受信用のアンテナはスカパー!専用のアンテナですので、BSデジタル放送は受信できませんが、一部のアンテナでは、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送及びスカパー!(東経124/128度CSデジタル放送)が受信可能なものもあります。

3-4. アンテナは、自分で取り付けられますか。
    ご自分で取り付けることも可能ですが、取り付ける場所(ベランダ、屋根の上等)やケーブルの宅内への引き込みなどの施工内容によっては、専門業者による工事が必要な場合があります。またアンテナは、マストを垂直に建てたうえで仰角・方位角を正確に合わせないと、受信画像が乱れる原因となります。
  ご自分で取り付ける場合は、安全に十分注意のうえ正確に行ってください。

3-5. アンテナを取り付ける角度がわからないのですがどうしたらよいですか。
    アンテナの取扱説明書をご覧のうえ、お住まいの地域にあった数値にあわせてください。

3-6. アンテナを取り付ける前に、BSデジタル放送の電波が受信できるか調べる方法はありますか。
    ベランダなどのアンテナ取り付け場所から、南西の方角、晴天時の午後2〜3時に太陽が見通せるかをご確認ください。マンションなどの集合住宅では、アンテナを設置できない場合がありますので、事前に管理組合等にご相談ください。

3-7. 南西の方角にアンテナを取り付けられないのですが、どうしたらよいですか。
    障害物によりアンテナを取り付けられない場合には、ケーブルテレビに加入することにより視聴できる場合があります。お住まいの地域のケーブルテレビ局にご相談ください。

    (社)日本ケーブルテレビ連盟のホームページからお住まいの地域のケーブルテレビ局を調べることができます。→こちら(http://www.catv-jcta.jp/index.php)

3-8. ケーブルテレビでBSアナログ放送を見ている場合はどのようになるのでしょうか。また、BSデジタル放送はケーブルテレビで見ることができますか。
    多くのケーブルテレビで、BSデジタル放送を視聴することができます。視聴方法や料金については、最寄りのケーブルテレビ局へお問い合わせください。

    (社)日本ケーブルテレビ連盟のホームページからお住まいの地域のケーブルテレビ局を調べることができます。→こちら(http://www.catv-jcta.jp/index.php)


3-9. マンション等の、集合住宅の共同受信施設によりBSアナログ放送を見ている場合、BSデジタル放送を見るために何が必要ですか。
    お住まいの集合住宅の共同受信設備(共同アンテナ等)がすでにBSデジタル放送に対応していれば、BSデジタルチューナーが内蔵されたデジタルテレビや録画機等を設置することでご覧いただけます。
  また、ベランダなどに個人でBSデジタル放送受信用のアンテナを取り付けて受信する方法もあります。詳細については管理組合等にご確認ください。

3-10. BSデジタル放送をパソコンで見ることはできますか。
    BSデジタル放送に対応したチューナーを内蔵していれば見ることが可能です。

3-11. BSデジタル放送を見るためには、どれくらい費用がかかりますか。
    BSデジタルチューナーが内蔵されたデジタルテレビや録画機等及びアンテナなどの準備が必要ですが、その費用については、機器の選択や工事内容によって変わります。販売店等にご相談ください。

3-12. 今使っているアナログテレビでBSデジタル放送を見ることはできますか。またBSデジタル放送用チューナーを内蔵していないテレビでBSデジタル放送を見ることはできますか。
    BSデジタルチューナーやBSデジタルチューナーが内蔵された録画機等を接続することにより、見ることができます。ただし、ハイビジョン放送等が本来の画質や縦横比でご覧になれない場合があります。
    ケーブルテレビによる受信の場合は、ケーブルテレビの方式により必要な機器が異なります。詳細につきましてはご加入のケーブルテレビ局にご確認ください。

3-13. 現在使用中の、BSアナログチューナー内蔵のTVや録画機は使用できなくなるのですか。使用できなくなるのであれば、デジタル対応機種への交換など補償してもらえないのですか。
    BSデジタルチューナーを内蔵していない機器の場合、当該機器によりBSデジタル放送を視聴することはできません。ただし録画再生機としての使用はできる場合があります。4-1をご参照ください。
  また、デジタル対応機種への交換等の補償はありません。

3-14. アナログテレビにBSデジタルチューナーが内蔵された録画機等を接続した場合、BSデジタル放送をハイビジョン画質で見ることができますか
    接続されるアナログテレビがハイビジョン画質対応でなければBSデジタル放送をハイビジョン画質でご覧いただくことはできません。
  接続されるアナログテレビがハイビジョン画質対応であっても、以下の端子で接続できない場合は、ハイビジョン画質でご覧いただけません。
  (1) コンポーネント端子(Y、Pb、Pr)
  (2) D3、D4端子
  (3) HDMI端子
  黄色のピンコードやS端子ケーブルで接続した場合は、ハイビジョンの放送であっても標準画質となりますので、ご注意ください。

3-15. テレビ画面のヨコとタテが4:3のTVに、BSデジタルチューナーが内蔵された録画機等を接続してBSデジタル放送を視聴すると、人物の顔が縦長になってしまうのですが。
    当該録画機等の設定をお確かめください。一般的には、メニュー画面で、接続されているTVの設定を「4:3」にしていただくと解消します。当該録画機等の設定をお確かめください。一般的には、メニュー画面で、接続されているTVの設定を「4:3」にしていただくと解消します。詳細は、機器の取扱説明書をご覧いただくか、メーカーにお問い合わせください。

4.その他

4-1. アナログのビデオデッキでBSデジタル放送を録画することはできますか。
    BSデジタルチューナーが内蔵されたデジタルテレビのアナログ出力を、ビデオデッキ等のアナログ録画機器の外部入力に接続することにより、録画することは可能ですが、その場合、録画・再生される画質はアナログの標準画質になります。
  詳細は各機器の取扱説明書をご覧いただくか、メーカーにお問い合わせください。

4-2. 「ダビング10(ダビングテン)」とは何ですか。
    「ダビング10(ダビングテン)」とは、デジタル放送のコピー制御に関する新方式です。従来、デジタル放送のほとんどの番組は、「1回だけ録画可能(コピーワンス)」のコピー制御がされていましたが、「ダビング10」対応番組では、対応録画機のハードディスクに録画したものに限り、ブルーレイディスクまたはDVDディスクなどへ9回までコピー可能、10回目は移動(ムーブ)となります。(10回目の移動後は、ハードディスクに録画された番組は消去されます。)
  BSデジタル放送においては、2008年(平成20年)7月4日から運用が開始されています。ただし、一部の有料放送においては、コピーワンスの制限で放送されているものもあります。
  詳細は各機器の取扱説明書やカタログなどでご確認ください。
  また、(社)電子情報技術産業協会(JEITA)ホームページにも説明がございます。→こちら(http://home.jeita.or.jp/ce/faq/dubbing10_qanda.pdf)

5.お問い合わせ先

  BSアナログ放送の終了に係るお問い合わせ

    総務省地デジコールセンター
 0570-07-0101 (ナビダイヤル)
 03-4334-1111 (IP電話など、ナビダイヤルがつながらない場合)
 平日:9時〜21時、土・日・祝日:9時〜18時

  BSデジタル放送に関するお問い合わせ

    BSデジタル放送お問い合わせセンター
 0570-01-2011(ナビダイヤル)
 045-345-4080(IP電話など、ナビダイヤルがつながらない場合)
 平日:9時〜21時、土・日・祝日:9時〜18時

  NHKへのお問い合わせ

    NHKアナログ放送終了お問い合わせセンター
 0570−07−2011(ナビダイヤル)
 03−4334−1455(IP電話など、ナビダイヤルがつながらない場合)
 9時〜18時 年中無休

  WOWOWへのお問い合わせ

    WOWOWカスタマーセンター
 0120-580-807 (フリーダイヤル)
 045-683-8080 (PHS、IP電話の方)
 9時〜20時 年中無休

    (社)デジタル放送推進協会(Dpa)ホームページ
  http://www.dpa.or.jp/

    総務省ホームページ
  http://www.soumu.go.jp

以上