携帯電話の番号ポータビリティについてのQ&A

Q 携帯電話の番号ポータビリティとはどのようなサービスですか?

A 携帯電話の利用者が携帯電話会社を変更した場合に、電話番号はそのままで変更後の携帯電話会社のサービスを利用できるサービスです。

Q  PHSでも番号ポータビリティが利用できるようになると使っている070が携帯電話にも使われ始めると聞いたのですが、いつからですか?

A 平成26年10月1日からです。


○ 既に行われている携帯電話間に加えて、携帯電話とPHS間でも番号ポータビリティが利用できるようになります。

Q 利用の際の注意点はありますか?

A 携帯電話・PHSの番号ポータビリティを実施すると、変更前の携帯電話・PHS会社との契約は解除(解約)となり、変更後の携帯電話・PHS会社と新たに契約(新規契約)することとなります。


○ 以下のような点に気をつけましょう。
(1)衛星船舶電話サービス及び衛星携帯電話サービス、データ通信専用サービス、新規契約の受付を停止している場合など、携帯電話・PHSの番号ポータビリティが利用できない場合があります。
(2)現在契約している携帯電話・PHS会社が発行したメールアドレスは引継ぎできません。
(3)現在契約している携帯電話・PHS会社が提供しているサービス(料金プラン・割引サービス等)は解約とともに終了となります。
(4)コンテンツプロバイダが提供しているコンテンツや電子マネー等は引継ぎできない場合があります。
(5)年間契約等の割引サービスを契約している場合は、解約に伴い、別途費用が発生する場合があります。
(6)変更後の携帯電話・PHS会社に対応している携帯電話・PHS端末が必要になります。
(7)番号ポータビリティによって携帯電話・PHS会社を変更した場合、固定電話から携帯電話・PHSへの通話料金が変わる場合があります。


 総務省「携帯電話の番号ポータビリティ広報サイト」
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/top/tel_number/mnp.html

ページトップへ戻る