インターネット上の違法・有害情報についてのQ&A

Q インターネット上で違法・有害情報を発見した場合には、どうしたらよいのでしょうか?

A インターネット上で違法な情報を発見した場合には、「インターネット・ホットラインセンター」か、警察に通報してください。公序良俗に反するような有害情報を見つけた場合には、「インターネット・ホットラインセンター」へ情報提供してください。
 なお、違法・有害情報が掲載されているサーバや電子掲示板の管理者に情報提供する方法も考えられます。


○ インターネット・ホットラインセンターは、インターネット利用者から違法・有害情報に関する情報提供を受け付け、一定の基準に従って情報を選別した上で、警察への情報提供、電子掲示板の管理者等への送信防止措置依頼等を行う民間団体です。詳しくは、ホームページをご覧ください。
 インターネット・ホットラインセンター
 http://www.internethotline.jp/別ウィンドウで開きます

○ なお、サーバや電子掲示板の管理者が誰かわからないときは、.jpドメインの場合には(株)日本レジストリサービス、.comや.netドメインの場合には国際組織INTERNICの提供するWhoisサービスを利用することで、連絡先を調べることができます。

 (株)日本レジストリサービス Whois
 http://whois.jprs.jp/別ウィンドウで開きます

 INTERNIC Whois
 http://www.internic.net/whois.html別ウィンドウで開きます

Q インターネット上で自分の権利を侵害するような書き込みを発見した場合には、どうしたらよいのでしょうか?

A ご自身の権利を侵害するような書き込みがあった場合には、プロバイダ責任制限法(※)や名誉棄損・プライバシー関係ガイドライン等に基づき、本人からサイトの管理者等に対して削除の要求をすることが可能です。

※ 特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報開示に関する法律

○ 具体的な手続き等については、以下をご覧ください。
 プロバイダ責任制限法 関連情報webサイト
 http://www.isplaw.jp/別ウィンドウで開きます

ページトップへ戻る