ユニバーサルサービス制度についてのQ&A

Q ユニバーサルサービス(基礎的電気通信役務)とはどのようなサービスですか?

A 電気通信事業法により、「国民生活に不可欠であるため日本全国で提供が確保されるべき」と規定されているサービスです。


○ 加入電話(同程度の光IP電話を含む)の基本料や、社会生活上の安全及び戸外での最低限の通信手段を確保する観点から設置されている第一種公衆電話、さらに特例料金が設定されている離島との通話及び緊急通報(110番、118番、119番)がこれに当たります。なお、これらのユニバーサルサービスについて、現在、NTT東日本・西日本が日本全国で提供することを法令上義務付けられています。

Q ユニバーサルサービス料金を支払うのはなぜですか?

A ユニバーサルサービスの日本全国での提供の維持に必要な費用が不足しているからです。


○ 携帯電話やIP電話の普及及び電話サービスの競争の進展等で、ユニバーサルサービスの確保に必要な費用が不足しています。そのような状況の中、NTT東日本・西日本だけでユニバーサルサービスを維持することは難しいため、NTT東日本・西日本のユニバーサルサービス提供設備を利用している固定電話、携帯電話、IP電話等の電話会社もその費用を応分に負担し、全体で支えています。 多くの電話会社では、ユニバーサルサービス料金として、利用者にもご負担をお願いしています。

総務省「電話のユニバーサルサービス制度」
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/universalservice/

(一社)電気通信事業者協会「ユニバーサルサービス支援業務」
http://www.tca.or.jp/universalservice/別ウィンドウで開きます

ページトップへ戻る