総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT利活用の促進 > ICT人材の育成 > 高度情報通信人材を育成する実践的なプログラム教材の開発

高度情報通信人材を育成する実践的なプログラム教材の開発

高度情報通信人材を育成する実践的なプログラム教材の開発

 総務省は、情報通信分野のプロジェクトマネージャ(以下「PM」)を育成するPBL※教材を開発しました。
 これまで、高度情報通信人材であるPMを実践的に育成する手法は確立されておらず、PMの不足が指摘されています。
 本教材は、情報通信分野の専門職大学院をはじめとする高等教育機関、研修事業者、企業等において活用されることを想定しています。
※ PBL(Project based learning):学習者に実際のプロジェクトや擬似的なプロジェクトを体験させることにより、課題解決の手法や能力を修得させる育成手法

 情報通信分野のPMは、情報通信システム等の開発プロジェクトを管理する者であり、これまで、実践的に育成する手法が確立されておらず、その不足が指摘されています。
 総務省では、大学院等の高等教育機関における高度情報通信人材育成の気運の高まりを背景に、情報通信分野の専門職大学院の協力の下、企業のITプロジェクトをベースとした実践教育を通じ、効果的にPMを育成することができる教材を開発しました。
 利用を希望される方には、教材を提供しますので、利用希望申込書に必要事項を記載の上、総務省に提出してください。


【開発した教材の概要】
名称 学習者主導型
 注1)PM育成PBL教材
講師主導型
 注2)PM育成PBL教材
請負者 富士通(株) NRIラーニングネットワーク(株)
プロジェクト課題 金融分野のWEBサイト構築プロジェクト 流通分野のSCM構築プロジェクト
教材の構成 授業計画書PDF
指導要項
講義用教材
事前事後評価用資料
授業計画書PDF
指導要項
講義用教材
事前事後評価用資料
注1)学習者主導型:主として学習者が主体的にプロジェクトを進行させる学習形態
注2)講師主導型 :主として講師の主導によりプロジェクトを進行させる学習形態


情報流通行政局
 情報通信利用促進課推進係
 TEL 03-5253-5685


プロジェクトマネージャ育成PBLのイメージ

ページトップへ戻る