校内LAN整備の促進

 現状、公立小・中・高・特別支援学校の普通教室におけるWi-Fi整備は26.1%にとどまっています。
 他方で、以下の理由により学校のWi-Fi整備は重要な課題と認識しています。

・約9割の学校は、避難所・避難場所に指定され、地域の防災拠点として重要な役割を持っていること。
・アクティブラーニングの視点に立った授業改善、情報活用能力の各学校段階を通じた育成等を図る上で、Wi-Fiは基盤となる設備であること。

 総務省では、学校のWi-Fi整備を加速化するため、財源のあり方を含め、省内で検討しています。

普通教室の校内LAN整備率

ページトップへ戻る