ホーム 一般利用者の対策基本的な対策ウイルス対策をしよう > 記憶媒体からのウイルス感染


記憶媒体からのウイルス感染

  コンピュータには、USBメモリなどの外部記憶媒体や情報機器をコンピュータに接続しただけで、あらかじめ指定された処理が自動的に実行されるようになっているものがあります。この仕組みを悪用して作られたのが、いわゆるUSB媒介ウイルスです。

  USB媒介ウイルスは、この自動実行(Auto run)機能を利用して、コンピュータに、USBメモリなどの外部記憶媒体や情報機器を差し込んだだけでウイルスを実行するようになっています。パソコンに接続して、自動実行がされる可能性がある媒体や機器(携帯電話やスマートフォン、携帯型音楽プレイヤー、デジタルカメラなど)は、すべて注意が必要です。USB媒介ウイルスは、感染したコンピュータに差し込んだ別のUSBメモリなどの外部記憶媒体や情報機器に感染する形で被害が拡大していきます。

  USB媒介ウイルスへの対策としては、以下のような方法があります。

 

  • USBメモリを差し込んだときには、ファイルを開く前に必ずウイルスチェックを行う。
  • 持ち主の分からないUSBメモリを使用しない。
  • コンピュータの設定を変更して、USBメモリの自動再生機能を停止しておく。

  たとえ音楽を聞くなどの用途にしか使わない機器であっても、コンピュータに接続するだけでウイルスに感染し、感染を拡大させることがありますので十分注意しましょう。