ホーム 一般利用者の対策インターネット上のサービス利用時の脅威と対策 > 動画配信サイトなどの注意点


動画配信サイトなどの注意点

  インターネットでは、動画を共有するサイト、リアルタイムで動画を配信しながらチャットやメッセージを交換するサイト、音楽配信サイトや、音声番組をポッドキャストで配信するサイトなど、多数のサービスが存在しています。こうしたサービスは利用者にとって大変魅力的ですが、それらのWebサイトの中には、法令違反になりかねない著作権侵害の音楽や動画が掲載されていたり、悪意のあるサイトへ誘導するものもありますので、利用する場合は注意が必要です。

著作権法違反のリスクに注意しましょう

  違法な動画配信サイトには、権利者に無断でアップロードした動画や、音楽が存在します。こうした著作権法違反の動画や音楽ファイルを、違法性を認識しながらダウンロードする行為も、著作権法違反となります。

悪性ホームページへの誘導に注意しましょう

  利用者を悪性ホームページに誘導しようとする攻撃者は、利用者にとって魅力的なサイトを構築して、利用者のアクセスを誘おうとします。例えば、主要な検索サイトで音楽を検索する際に、「Free(無料)」という言葉を追加すると、検索結果が上位に表示されるように細工して、多くの利用者の関心を誘い、ウイルスに感染させる手口が報告されています。

  こうしたサイトでは、動画の再生画面やクリックボタンを模した偽の画像に、悪性サイトへのリンクを仕込み、巧妙に利用者のクリックを誘って、悪性サイトへ誘導する手口も確認されています。実際、動画配信サイトとそっくりに設計された、マルウェアを配信するWebページは多数報告されています。音楽ばかりでなく、大きな事件や人気スポーツ、映画などのキャッチフレーズで利用者を誘惑し、マルウェア配信サイトに誘導する例もありますので注意が必要です。