ホームはじめに情報セキュリティって何? > 企業や組織の情報セキュリティ


企業や組織の情報セキュリティ

  企業や組織には、重要な営業機密に関する情報や、顧客、社員などの個人情報など、多くの情報が保管されています。また、企業や組織のシステムに不具合が生じ、サービスが停止してしまうことで、社会的に大きな影響を与えてしまう場合もあります。情報通信技術が発達した社会においては、企業や組織が適切な情報セキュリティ対策を取ることは、当然の責務であるといえます。
  企業や組織においては、情報管理担当者だけでなく、一人ひとりの利用者が情報セキュリティに対する適切な知識を持つことを要求されます。特にネットワークに接続された環境下では、たった1台のコンピュータのウイルス対策を怠るだけで、広範囲にウイルスが蔓延し、大きな損害が発生する可能性もあります。

  業務でコンピュータを利用している場合には、そこに保管されている大切なデータが、消失・損壊することなく確実に保管されていることの保証も必要です。そのためには、機器に対する停電や落雷、地震などへの対策が要求されるとともに、定期的なデータのバックアップも行われていなければなりません。

  さらに、情報セキュリティポリシーの策定、組織内の利用者の認証設定、組織内の利用者への情報セキュリティ教育、不正侵入ハッキングへの対策など、情報管理担当者にはさまざまな情報セキュリティ対策が要求されます。