ホーム基礎知識(きそちしき)> インターネットって何?


インターネットって何?

  コンピュータをケーブルなどでつなぎ、おたがいに情報(じょうほう)をやりとりできるようにした仕組み(しくみ)をネットワークと言います。ネットワークは、まず、家の中や学校の中など、場所(ばしょ)ごとに小さなかたまりが作られています。この仕組みを大きく発展(はってん)させて、家や学校の中だけではなく、世界中のネットワーク同士(どうし)がつながるようにした仕組み(しくみ)が、インターネットです。

  インターネットのおかげで、私(わたし)たちは、ホームページで何かを調(しら)べたり、友だちにメールを送ったりすることが、かんたんにできるようになりました。インターネットは、今では、私(わたし)たちの生活に必要なで、いろいろなことを実現(じつげん)するために、なくてはならないものとなっています。

  それでは、インターネットでは、どうやってさまざまな情報(じょうほう)をやりとりするのでしょうか。

  インターネット上には、他のコンピュータからの命令(めいれい)にしたがって、情報(じょうほう)を表示(ひょうじ)したり、保管(ほかん)したり、別のところに送ったりするパソコンが、たくさん接続(せつぞく)されています。私(わたし)たちがパソコンや携帯(けいたい)電話を操作(そうさ)するとき、実は、これらのパソコンに「ホームページが見たい!」「メールを送って!」などの命令(めいれい)を送っているのです。私たちの命令(めいれい)にしたがって、これらのたくさんのパソコンが働(はたら)くことで、電子メールを送ったり、ホームページを見たりすることができるようになっているのです。