ホーム基礎知識(きそちしき)> ホームページの仕組み(しくみ)


ホームページの仕組み(しくみ)

  ホームページは、さまざまな会社や個人(こじん)が、気軽(きがる)に多くの人に情報(じょうほう)を発信(はっしん)するための手段(しゅだん)として使われています。ホームページのコンテンツ(内容(ないよう))は、インターネット上にある、ホームページを公開するための専用(せんよう)のパソコンの中に保存(ほぞん)されています。私(わたし)たちの端末(たんまつ)からそのパソコンに命令(めいれい)を送り、パソコンから情報(じょうほう)を送ってもらうことで、ホームページを見ることができます。

  ホームページを見るときには、ウェブブラウザという種類(しゅるい)のソフトウェアを使います。ウェブブラウザURL(ユーアールエル)と呼(よ)ばれる情報(じょうほう)を入力入力すると、目的のホームページが表示されます。URLは、「http://www.soumu.go.jp/」のように表されます。URLは、ホームページのコンテンツがある場所の情報(じょうほう)、つまりホームページの住所の情報(じょうほう)を表(あらわ)しています。

  けれども、ホームページを見るたびに、毎回このようなURLを入力するのはたいへんです。そこで、多くのホームページは、リンクというしかけを、ホームページ内にたくさん持っています。リンクをクリックすると、URLウェブブラウザに自動的(じどうてき)に入力され、次に見たいホームページに移動(いどう)することができます。