ホームどんな危険(きけん)があるの? > コンピュータやサービスを勝手に使われる


コンピュータやサービスを勝手に使われる

  インターネットでは、たいていの場合、相手とちょくせつ顔を合わせずに、情報(じょうほう)のやりとりをしています。そこで、もしも悪い人にあなたのコンピュータやサービスをを勝手に使われてしまうと、他人からはそれがわからず、あなたがコンピュータを使っておこなったと思われてしまう場合があります。

  まず、携帯(けいたい)電話やスマートフォンをなくしたり、盗(ぬす)まれたりしたときに、だれかに使われてしまう危険性(きけんせい)があります。もちろん、なくしたり、盗(ぬす)まれたりしないように注意することが一番大切ですが、それでも事故(じこ)は起きてしまう場合があります。もしもの時のために、ふだんからパスワードなどを使って、携帯(けいたい)電話やスマートフォンにロックをかけておき、だれかに拾われても、中の情報(じょうほう)を見られたり、勝手に使われたりしないようにしましょう。

  次に、インターネット上でサービスを利用(りよう)するためには、多くの場合、ID(アイディー)とパスワードが必要(ひつよう)です。このID(アイディー)とパスワードを、他の人に知られてしまった場合、あなたの名前で勝手にサービスを使われてしまう危険性(きけんせい)があります。特に、仲のよい友だち同士(どうし)でも、家族以外の他人にパスワードを教えるのはやめましょう。もしもだれかに知られてしまったら、パスワードを変更(へんこう)するようにしましょう。