ホーム安全の基本(きほん) > ウイルス対策(たいさく)をしよう


ウイルス対策(たいさく)をしよう

  インターネット上では、たくさんのウイルスが活動(かつどう)しています。ウイルスの被害(ひがい)にあわないためには、パソコンやスマートフォンなどインターネットにつなぐ機械(きかい)に、ウイルス対策(たいさく)ソフトを入れておかなければなりません。

  そして、ウイルスにはつぎつぎに新しい種類(しゅるい)のものが登場します。ウイルス対策(たいさく)ソフトウイルスを発見するためのデータを、いつも最新(さいしん)のものに更新(こうしん)しておきましょう。

  また、ふだん使っているいろいろなソフトウェアには、時間がたつとともに、脆弱性(ぜいじゃくせい)と呼(よ)ばれる弱点が見つかることがあります。この弱点をそのままにしていると、ウイルス対策(たいさく)ソフトを入れていたとしても、ウイルスに感染(かんせん)してしまったり、悪いホームページを見ただけでパソコンがこわれてしまったりすることがあります。

  ソフトウェアに弱点が見つかると、そのソフトウェアを作った会社が、弱点を直すためのプログラムを配ることがあります。パソコンに、「ソフトウェアの更新(こうしん)が必要(ひつよう)です」などの表示(ひょうじ)が出たら、家族の人などに操作(そうさ)してもらって、ソフトウェアを更新(こうしん)するようにしましょう。