メニューへ戻る


制度の概要
   
    通信・放送分野における新規事業の創出を目的として、先進的な技術の研究開発を行う民間企業に対して、その研究開発資金の一部を助成する制度です。
助成対象経費、助成限度額
    研究開発に必要な経費の1/2以内、最高3,000万円
    研究開発に必要な経費の1/2以内、最高4,000万円
※ 産学連携枠は、大学等と共同で研究開発を行うものが対象となります。
対象事業者の要件
   主に次の要件を満たす事業者が対象です。
 〇駛楸癸隠娃芦円以上の大企業が30%以上出資していないこと
◆々顱地方自治体、特殊法人、認可法人が出資していないこと
研究開発内容に関する要件(交付選定基準)
   新規性: 新しい技術の研究開発又は既存の技術を改良するための研究開発であって、将来的に新しいサービスを創出し、又は既存のサービスを改善する可能性があること。
   困難性: 当該研究開発のリスクが高く、その実施が困難であること。
   波及性: 当該研究開発により、新規事業が創出され、将来的に大きく成長する可能性があること、又は通信・放送技術に幅広く貢献する可能性があること。

研究開発の実用化までの期間に関する要件(交付選定基準)
   3年以内に研究開発を終了し、事業化へ移行する予定のあるものであること。
詳しくは「通信・放送機構」のホームページの公募案内等をご覧下さい。

ページトップへ