情報通信トップページ




公益事業者の電柱・管路等使用に関するガイドライン


◆ 当ガイドラインの趣旨
  IT戦略会議・IT戦略本部合同会議で取りまとめられた取組方針である「線路敷設の円滑化について」に則り、平成13年4月に電気通信事業法第128条第1項に規定する「他人の土地等の使用権」に関する協議の認可、裁定の運用基準として策定しました。
  電柱、管路、とう道等の設備の所有者が他の認定電気通信事業者に設備の一部を提供する場合において、設備保有者及び事業者が遵守すべき標準的な取扱方法を取りまとめることにより、事業者による線路敷設の円滑化を図り、超高速インターネットの整備に不可欠な光ファイバ網の整備の推進や設備競争の促進を図ることを目的としています。

◆ ガイドライン本文
  「公益事業者の電柱・管路等使用に関するガイドライン」(PDF)

  最終改正:平成27年10月