このページの本文へ移動

ICT地域活性化事例 100選

新地町ICT研究協議会を中核としたICT教育体制の構築

関連キーワード
  • 自治体

  • 教育クラウド・プラットフォーム

  • 地域活性化大賞 2016

  • 人口5万人以下

事業概要
クラウドを活用したシームレスな学習環境によって、
・ 個々の課題に応じた学び
・ 主体的・協働的な学び
・ 探究志向の学びなどの学びを充実
21世紀を生き抜く力を育成する新たな学びを実現している。
事業実施自治体に
関する情報
福島県新地町
人口(平成27年国勢調査):8,218人
事業実施団体
新地町教育委員会
効果
【金額】
-(金額による効果はなし)
【その他】
・減少傾向にあった新入学児童数が前年比120%に増加
・学力検査で小学校4年から中学校2年が全国比平均3.83ポイント上昇
・保護者アンケート
 「学力向上に効果的である」93%
 「学習意欲向上に効果的である」98%
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
上記事業は委託事業であるため町の初期導入費はなし
運用費(単位:千円)
22,342/H26
15,854/H27
16,413/H28
(上記事業におけるクラウドプラットフォーム運用費)
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報活用支援室
問い合わせ先
新地町教育委員会 教育総務課
電話:0244-62-4477
E-mail:kyoiku/atmark/town.shinchi.lg.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。