このページの本文へ移動

官民協働サービス ICT地域活性化事例 100選

セーフティマップ

関連キーワード
  • 民間企業

  • オープンデータ利活用

事業概要
セーフティマップは、行政から提供される交通事故発生状況に係るデータと、カーナビデータから得られる急ブレーキ情報、さらに危険箇所に係る住民の声をもとに、事故多発箇所や要注意箇所を地図上に提示するサービス。
事業実施自治体に
関する情報
日本全国
人口(平成27年国勢調査):-人
事業実施団体
本田技研工業株式会社
効果
・急ブレーキ多発箇所や要注意箇所を特定することができ、行政が効率的に自転車や歩行者を中心とした交通安全対策を実施。
・埼玉県の事例では、平成23年度までに県内で160カ所の安全対策を実施した結果、急ブレーキが約7割、人身事故が約2割減少。
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
-
運用費(単位:千円)
-
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
問い合わせ先
本田技研工業株式会社 安全運転普及本部
電話:03-5412-1736
E-mail:-
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。