このページの本文へ移動

医療・介護・健康 ICT地域活性化事例 100選

ICTで地域包括ケアの更なる進化をめざす天かけるネットの取組

関連キーワード
  • 医療情報連携ネットワーク(EHR)

  • 地域活性化大賞 2015

  • 人口15万人以下

  • 過疎,離島,特殊土壌

事業概要
尾道市医師会方式として良く知られている切れ目のない医療・介護連携にICT ネットワークを被せ、多職種協働の円滑な情報共有を目指す。医療と介護とが一体化された適切な情報入力システムを開発、さらに壮年期の健康推進、健康寿命延伸を目的として健診情報等を連携させ地域包括ケアICTシステムを構築。病気にならぬよう(未病)、なっても重症化させない、介護予防も図り健康寿命を延伸できる。
事業実施自治体に
関する情報
広島県尾道市
人口(平成27年国勢調査):138,626人
事業実施団体
尾道市医師会 因島医師会 NPO法人天かける
効果
1)重複処方:4% 平成26年度の入院外調剤 7.2兆円(厚労省) 
全国的横展開 7.2×0.04=0.288兆円
全国市町村数 26年1月現在 1,742市町村
広島県:1日当たりの医科入院外調剤費 12,071円
尾道における2急性期病院の1日平均外来患者数 約1,500人
5%が天かけるに参加
75人×12,071円×0.04%×365日=13,217,745円/年    
2)重複検査:初診時検体検査廃止 46% 
検査費用としての集計がないが、かなりの金額削減が推計される
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
初期経費は2年間の総務省、内閣府特区事業予算から併せて総額2.4億円
運用費(単位:千円)
急性期病院ではID-link
使用料8万円、VPN 利用料6千円、公開サーバ保守費用1.2万円の計9.8万円が月額使用料
その他の参加施設は0円
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
問い合わせ先
NPO法人天かける
電話:0848-23-8698
E-mail:h-sano/atmark/amakakeru.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。