このページの本文へ移動

教育 ICT地域活性化事例 100選

2020年必修化を見据えたオープンで探求的・総合的なプログラミング学習実施モデル

関連キーワード
  • プログラミング教育

  • 人口15万人以下

  • 豪雪,山村

事業概要
ブラウザベースで利用できる豊富な無料教材“Hour of Code”をもとに、社会人向けオンラインプログラミング講座“TechAcademy”の修了生も指導者として育成しつつ市を挙げてプログラミング教育を推進。
事業実施自治体に
関する情報
石川県加賀市
人口(平成27年国勢調査):67,186人
事業実施団体
(特非)みんなのコード
加賀市、加賀市教育委員会、キラメックス(株)
(実証校)加賀市立橋立小学校、錦城東小学校、作見小学校、山代小学校、山中小学校
効果
児童数:98名
受講教員数:38名
(金額で表すことができません。)
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
150千円
(市内教員向け指導者育成研修・模範授業の実施費用)
運用費(単位:千円)
30千円
 (市内教員向けフォローアップ研修費用)
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報活用支援室
問い合わせ先
(1)特定非営利活動法人みんなのコード
(2)加賀市教育委員会
電話:(2)0761-72-7975
E-mail:(1)info/atmark/code.or.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。