このページの本文へ移動

農林水産業 ICT地域活性化事例 100選

センサ利活用による水田管理

関連キーワード
  • スマート農業・林業・漁業モデル

  • 地域活性化大賞 2016

  • 豪雪,山村

事業概要
H27年5月にNTTドコモ、ベジタリア、ウォーターセル、新潟市で連携協定を締結し、水田センサを活用し水田の水管理を行う大規模実証プロジェクト(モニター数22名、300基設置、面積460ha)
事業実施自治体に
関する情報
新潟県新潟市
人口(平成27年国勢調査):804,242人
事業実施団体
NTTドコモ、新潟市
効果
水田における水管理(田んぼの見回り)の省力化を実現。
【農業×ICT】
田んぼの見回り   
(1)実施回数(回)⇒労力削減率(最大)▲67% (平均)▲35%
(2)延べ人員(人)⇒労力削減率(最大)▲66% (平均)▲27%
(3)移動距離(km)⇒労力削減率(最大)▲76% (平均)▲33%
(4)確認時間(h)⇒労力削減率(最大)▲76% (平均)▲43%
・モニター22名の声を反映し、改良された水田センサが、Paddy Watch(商品名)として、H28年4月より全国販売開始

【教育×ICT】
・本実証プロジェクトの「スピンオフ企画」として、水田センサを「教育」にも活用
・市内小学校の学校教育田に設置し、ICTを活用した児童の農業体験学習を実現
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
-
運用費(単位:千円)
-
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
問い合わせ先
(1)新潟市農林水産部 ニューフードバレー特区課、(2)NTTドコモ
電話:(1)025-226-1864
電話:(2)03-5156-2511
E-mail:foodvalley/atmark/city.niigata.lg.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。