このページの本文へ移動

働き方 ICT地域活性化事例 100選

「日南市式テレワーク」の推進による新たな働く場の創出

関連キーワード
  • 自治体

  • テレワーク

  • 地域活性化大賞 2015

  • 人口15万人以下

  • 過疎,離島,半島,山村,特殊土壌

事業概要
企業との協業によるテレワーク(クラウドソーシング等)を推進、「月収20万円ワーカー」を重点育成。
市のマーケティング専門官(民間からスカウト)により、企業との効果的連携で企画を実施。全国企業と地元企業の2つのテレワークの推進で、多様な就労形態を実現。
事業実施自治体に
関する情報
宮崎県日南市
人口(平成27年国勢調査):54,090人
事業実施団体
宮崎県日南市
効果
・月収20万円を目指す「クラウドワーカー」を企業との協業で10名育成
・初心者から経験者まで幅広く「WEBライター」を100名育成
・農林漁業分野における閑散期の新たな収入源の確保に効果
・多数メディアにも取り上げられ、先進的な取り組みとして全国にPR(ガイアの夜明け等)
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
1,506
運用費(単位:千円)
5,412
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
問い合わせ先
日南市商工政策課マーケティング推進室
電話:0987-31-1169
E-mail:marketing/atmark/city.nichinan.lg.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。