このページの本文へ移動

IoT基盤 ICT地域活性化事例 100選

インセンティブ付きIoT健康サービスの有料化挑戦事業

関連キーワード
  • 利活用ルール

事業概要
国保保険者や参加者本人が保有する健診データと活動量計や体組成計等から得られる個人の生活・バイタルデータ等を統合・見える化し、健康づくりの努力と成果をポイントというスキームで評価しフィードバックする新たなIoT健康サービスのリファレンスモデルを構築する。IoTサービスの開発・運用においては、既に構築済みの複数事業者が相乗りできるプラットフォームを活用し、これまでの蓄積データも活用しながら、無料から有料切換時の継続意向、医療費の抑制等を検証する。
事業実施自治体に
関する情報
健幸ポイント運営事業体(みずほ情報総研、つくばウエルネスリサーチ、凸版印刷、筑波大学久野研究室)
新潟県見附市、福島県伊達市、栃木県大田原市、千葉県浦安市、大阪府高石市、岡山県岡山市
人口(平成27年国勢調査):40,608人、62,400人、75,457人、164,024人、56,529人、719,474人

※実証後は本サービスをタニタヘルスリンク、ベネフィットワン・ヘルスケアで提供。
事業実施団体
SWC健幸ポイントプロジェクトコンソーシアム
効果
一人当たり5万円/年の医療費抑制効果を確認
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
実証後、タニタヘルスリンク、ベネフィット・ワンヘルスケアによりサービス展開
実施に当たる初期費用項目
・歩数計 @50千円程度
・データアップロード拠点のPC・体組成計、血圧計等
・事業立ち上げ支援に係る経費
運用費(単位:千円)
システム運用費:一人当たり10千円/年 程度
その他の費用(単位:千円)
・ポイント原資 最大23千円(平均7千円)
・運営サポート:有償ボランティア等
・現場支援・評価業務:実施内容により
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
問い合わせ先
代表団体:株式会社つくばウエルネスリサーチ 全国展開事業部
電話:04-7197-2360
E-mail:-
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。