このページの本文へ移動

官⺠協働サービス ICT地域活性化事例 100選

地域連携型駐車場シェアによる観光課題の解決

関連キーワード
  • 民間企業

  • シェアリングエコノミー

  • 地域活性化大賞 2017

事業概要
花火大会や花見時期など、一時的な観光客の増加に対し、地方ではコインパーキングなどの時間貸し駐車場の提供数が少なく駐車場が不足し、路上駐車や駐車場探しの渋滞が発生。一方で、会場周辺には、空き地や空き家、事業所休日の従業員用駐車場など、遊休スペースが多々あり、需給のミスマッチがおこっている。コインパーキングなどは多額な初期投資が必要なうえ、運営費もかかり一時的な駐車場ニーズの対策としては現実的ではない。こうした課題を、初期投資なしで導入できる駐車場シェアサービス「軒先パーキング」で解決する。
事業実施自治体に
関する情報
日本全国
人口(平成27年国勢調査):-人
事業実施団体
軒先株式会社
効果
・モエレ沼芸術花火2017(NPO 法人・札幌市)
売上総額667,000円
地元企業に呼びかけ、ならびに自社開拓230台の駐車場確保。
・第25回ガマダス花火大会(長崎県島原市)
売上総額42,000円
市と連携し、説明会実施ならびに地元企業に呼びかけ。38台の駐車場確保。
・日中線記念歩行者道しだれ桜(福島県喜多方市)
市と連携し、回覧板、説明会実施ならびに地元企業に呼びかけ。182台の駐車場確保。
売上総額194,000円
・アビスパ福岡(福岡県福岡市)
福岡市東平尾公園内の駐車場約2,500台のうち650台に予約制を導入。サッカー試合日(2日)に実施。利用者の73.5%が満足/やや満足、84.5%がまた利用したいと回答。


上記すべて設備投資不要のため、導入コストゼロ!
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
導入費無料
運用費(単位:千円)
運用は基本なし
その他(単位:千円)
売上が発生した時のみ手数料が発生する成果報酬型(駐車場利用料の35%)
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
問い合わせ先
軒先株式会社
電話:03-6869-3003
E-mail:info/atmark/parking.nokisaki.com
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。