このページの本文へ移動

ICT地域活性化事例 100選

IoTを活用した農山漁村の灯油難民防止

関連キーワード
  • 地域活性化大賞2019

  • 自治体

  • 民間企業

  • 人口5万人以下

  • 過疎、豪雪、山村

事業概要
従来の経験や勘に頼る灯油配送⇒IoTで灯油残量を可視化した効率的配送へ

人口減少・過疎化の進展で、寒冷地では最も重要なライフラインの一つである「灯油配送」の採算性悪化・人手不足が生じ、将来、農山漁村では「灯油難民」とも言うべきエネルギー弱者が生まれる懸念がある。
本重要課題を解決するため、行政・灯油配送業者・IoT関連企業でタイアップ事業協定を締結し、低コストなスマートセンサー×低コスト通信サービス(LPWA等)を使った効率的な灯油配送システムの地域実証実験を新篠津村で実施、大きな成果を得た。
事業実施自治体に
関する情報
北海道新篠津村
人口(平成27年国勢調査):3,329人
事業実施団体
北海道石狩振興局、新篠津村、JA新しのつ、ゼロスペック(株)、京セラコミュニケーションシステム(株)、さくらインターネット(株)
効果
154日間、僅か153戸うち83戸にセンサーを設置するだけで、
・ 給油回数は約20%削減(858回→684回)
・ 配送日数は約36%削減(96日→61日)
一定の仮条件のもと費用対効果を試算すると、
・ 332,222円のプラス効果(配送スタッフ人件費節減-システム導入費用)
官民協働×IoTで、人口減少・過疎化に伴う地域課題の解決モデルを構築した
導入費・運用費
導入費(単位:千円) 若干の初期導入経費あり
(導入台数&サービス範囲により変動)
運用費(単位:千円) 数千円/年・センサー1台あたり
(導入台数等の条件により大きく変動)
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
問い合わせ先
【取組全体については】
北海道石狩振興局産業振興部農務課主査(企画)
電話:011-204-5844(直通)
E-mail:tsugawa.kuniyoshi/atmark/pref.hokkaido.lg.jp
【センサーの詳細については】
ゼロスペック(株)
電話:03-5206-5697
E-mail:tada/atmark/zero-spec.com
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。