このページの本文へ移動

ICT地域活性化事例 100選

IoT活用にてこども園における成長への切れ目のない支援事業

関連キーワード
  • 地域活性化大賞2019

  • 医療、介護、健康

  • 人口50万人以下

事業概要
スマートキッズCity “YAOCCO”ー成長への切れ目のない支援事業【医療・福祉、教育】
事業実施自治体に
関する情報
大阪府八尾市
人口(平成27年国勢調査):268,800人
事業実施団体
母子健康手帳データ化推進協議会
効果
<障がい・いじめの兆候(早期発見)>
⇒実証こども園で障がい、いじめの兆候を知る事で、園児199名における障がいが疑わしい園児が3名(9%)見つかった。
<保育士の業務負担>
 ・登降園時の時間管理作業(台帳への本人確認、転記)
 ・午睡時のうつ伏せ寝による突然死の回避(5分一回の確認)
 ・身長、体重、体温の健診作業(確認、転記)
⇒実証こども園における事務作業の為の時間が保育士一人1日平均
  13.86分削減された。
<信頼、安心出来る情報の提供>
 ・WEB上での子育て情報過多 ・保護者からの問合せ対応
 ・過敏な感染情報氾濫 ・予防接種の正確な記録
⇒保護者のこども園に対する、満足度が70%となった(園児保護者による5段階アンケート)
導入費・運用費
導入費(単位:千円)
10,000~(こども園の規模による)
運用費(単位:千円)
160~(こども園の規模による)
詳しくはこちらへ
総務省担当部署 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課
問い合わせ先
母子健康手帳データ化推進協議会
電話:06-6536-1155
E-mail:ihara/atmark/jeso.or.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「/atmark/」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。