メインコンテンツへジャンプ


総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > 地域情報化の推進 > 事例紹介 > 奈良県 救急医療 管制支援システム事業(e-MATCH)


ここから本文です。

事業名
奈良県 救急医療 管制支援システム事業(e-MATCH)

事業区分
地域ICT利活用広域連携事業
地域
近畿
実施団体名
奈良県、奈良市、生駒市、特定非営利活動法人CHORD-J
運営主体
特定非営利活動法人CHORD-J
事業テーマ
救命救急支援
事業費※1
159,113千円
  • ※1 委託事業については当初の委託決定額、交付金事業については当初の交付決定額を指す。(複数年度採択の場合は、いずれも初年度の採択額)

主なシステム機器等

センターサーバー、タッチパネルPC端末

事業概要

救急隊が適切な搬送先医療機関を選定する際の支援となる情報連携を進める枠組みを構築する。

期待される効果

救急隊到着から医療機関到着までの時間短縮、医療機関到着後に適切な治療を早期に受けられる可能性向上

イメージ図

この事業のイメージ図

添付ファイル

更新日 平成25年4月24日

ご利用になるには、Adobe社 Acrobat Reader 4.0以降のバージョンが必要です。Acrobat Reader をお持ちでない方は、Adobe社のホームページで無償配布されていますので、こちらから(Adobe社のホームページを新しいウィンドウで開きます)ダウンロードし、説明に従ってインストールしてください。


このページのトップへ戻る