総務省トップ > 組織案内 > 審議会・委員会・会議等 > 地方財政審議会 > 会議資料 > 平成31年度・令和元年度 > 平成31年度地方財政審議会(4月12日)議事要旨

平成31年度地方財政審議会(4月12日)議事要旨

日時

平成31年4月12日(金)10時00分〜11時00分

場所

地方財政審議会室

出席者

(委員)堀場 勇夫(会長)宗田 友子 植木 利幸
野坂 雅一 星野 菜穗子 

(説明者) 自治税務局市町村税課 課長 鈴木 清
 

議題

市町村税課所管事項説明について
今回の議題は、市町村税課の所管事項について説明を受けるものである。
 

資料

要旨I

標記の件について、説明を受け、質疑応答及び意見交換を行った。
 
(主な質疑)
○ 現在すでに森林環境への対策として個人住民税の超過課税を行っている自治体もあるが、森林環境税と重複することに問題はないのか。
→ 森林環境税の課税を開始する平成36年度までの間において、すべての超過課税の期限あるいは見直し時期が到来するため、それに伴い、その間で、各地方団体において、その取扱いを十分に検討いただけるものと考えている。
総務省としても、森林環境税と超過課税との関係の整理が円滑に進むよう、林野庁とも連係しながら、関係府県等の相談に応じ、助言を行ってまいりたい。

 

要旨II

下記の件について、意見交換をした。

(1)議事要旨の精査

ページトップへ戻る

地方財政審議会
サイドナビここから
サイドナビここまで