総務省トップ > 組織案内 > 審議会・委員会・会議等 > 地方財政審議会 > 会議資料 > 平成31年度・令和元年度 > 令和元年度地方財政審議会(6月18日)議事要旨

令和元年度地方財政審議会(6月18日)議事要旨

日時

令和元年6月18日(火)10時00分〜10時30分

場所

地方財政審議会室

出席者

(委員)堀場 勇夫(会長)宗田 友子 植木 利幸
野坂 雅一 星野 菜穗子

(説明者)自治財政局地方債課 理事官 山本 周

議題

令和元年度における当せん金付証票の発売許可について
(ハロウィンジャンボ・ハロウィンジャンボミニ)
 
今回の議題は、当せん金付証票法に基づき、令和元年度における当せん金付証票(宝くじ)の発売について許可するに際し、当せん金付証票法第4条第3項の規定に基づき、審議するものである。

資料

要旨

標記の件について、説明を受け、審議の上、これを了承した。
 
(主な内容)
 
○今回発売を許可するハロウィンジャンボ宝くじについては、発売状況を踏まえ、実際の発売額を計画額から増額するとの説明があったが、受託銀行で対応は可能か。
 →過去も、発売開始後の売上の状況を踏まえ、増額した事例もあり、受託銀行で対応可能と聞いている。許可申請の際に、計画額の150%を上限に増額できることを明記してもらっており、その範囲内で発売することとなる。
 
○総務省として、宝くじの収益金がどのように活用されているのかを把握しているか。
→宝くじの発売計画の提出時に、各発売団体の収益金を活用した事業計画も提出していただいているが、宝くじの収益金については、地方財政法及び宝くじの使途省令に則り、幅広い事業に活用されているものと認識している。
 

ページトップへ戻る

地方財政審議会
サイドナビここから
サイドナビここまで