総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 木質バイオマス燃料の使用量データの活用について −森林の管理・活用に関する行政評価・監視(平29.7)の勧告事項のフォローアップ−

報道資料

令和元年11月14日

木質バイオマス燃料の使用量データの活用について
−森林の管理・活用に関する行政評価・監視(平29.7)の勧告事項のフォローアップ−

 高市総務大臣の指示により、勧告事項(木質バイオマス燃料の使用量データの活用)への対応を促した結果、改善に向けた取組が進められることになりましたので、今般、大臣に報告しました。報告内容は、別添PDFのとおりです。

○ 「森林の管理・活用に関する行政評価・監視」

我が国の森林の適切な管理の促進及び新たな木材需要の拡大を推進する観点から
平成29年7月、必要となる改善措置について、経済産業省、農林水産省等に勧告し、公表した。
改善措置状況については、平成30年2月及び31年4月の2回、回答を得ている。

※ 別添は、総務省ホームページ
 (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/hyouka_kansi_n/ketsuka_nendo/h29.html)
  に掲載(本日14:00目途)するほか、下記担当室において配布します。


連絡先
総務省行政評価局
 評価監視官(農林水産、防衛担当)
担当: 菊地、田仲
電話: 03-5253-5439(直通)
FAX: 03-5253-5443
※インターネットでのお問い合わせについては、以下の総務省HPで受け付けております。
https://www.soumu.go.jp/hyouka/i-hyouka-form.html

ページトップへ戻る