総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 5G利活用アイデアコンテスト地方選抜の結果

報道資料

平成30年12月18日

5G利活用アイデアコンテスト地方選抜の結果

 総務省は、第5世代移動通信システム(5G)実現による新たな市場の創出、地域社会の課題解決等に向けて、5G利活用アイデアを広く募集したところです。この度、地方選抜(一次選考)を実施しましたので、その結果をお知らせします。

1 経緯

 総務省は、「5G利活用アイデアコンテスト」として、地域社会の課題解決等に向けた5G実証のアイデアを広く募集(募集期間:平成30年10月9日(火)〜同年11月30日(金))し、計785件の応募を頂きました。
 この度、各総合通信局等で一次選考を行い、11の優秀なアイデアを選定しました。

2 結果概要

 各総合通信局等における審査の結果、最も優秀なアイデアとされた提案は以下のとおりです。
 
総合通信局等 提案者名 提案件名
北海道 株式会社ディ・キャスト 「究極のパウダースノー」倶知安・ニセコエリアのUX向上
東北 岩手県立大学ソフトウェア情報学部チームCV特論
(塚田・細越・関・横田)
画像認識とドローンを活用した鳥獣駆除システム
関東 3650/TIS株式会社 ガードドローン 〜 5G+ドローンによるスポット街灯、警備サービス
信越 不破 泰 山岳登山者見守りシステムにおける登山者発見・空間共有機能の実現
北陸 永平寺町総合政策課 同時多接続と低遅延が可能とする近未来の雪害対策
東海 株式会社CCJ、株式会社シー・ティー・ワイ 5G利用のお掃除ロボットとコミュニケーションツールとしての活用
近畿 久保 竜樹 新しい一体感をもたらす5Gスポーツ観戦
中国 損害保険ジャパン日本興亜株式会社、SOMPOホールディングス株式会社 5Gを活用した高精度顔認証およびセンサーによる見守り・行動把握
四国 愛媛大学大学院理工学研究科分散処理システム研究室 5Gの特性を活かした高技能工員の労働環境改善・労働安全確保・技術伝承の実現
九州 大分県 濃霧の高速道路でも安全に走行できる運転補助システムの確立
沖縄 株式会社沖縄エネテック 広範囲同時センシング映像の5G大容量データ転送による有害鳥獣対策

3 今後の予定

 上記の各総合通信局等における最も優秀なアイデアを対象に、平成31年1月11日(金)にコンテスト(二次選考)を開催します。また、その他の優秀なアイデアについても同日、コンテスト会場においてポスター展示を実施いたします。詳細は5G利活用アイデアコンテストHP(https://5g-contest.jp別ウィンドウで開きます)をご確認願います。
 

<関係報道資料>

○ 「5G利活用アイデアコンテスト」の開催(平成30年12月3日)
URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000362.html
 
○ 5G利活用アイデアコンテストの開催(平成30年9月28日)
URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000349.html
 
○ 平成30年度5G総合実証試験の開始(平成30年9月14日)
URL: http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000347.html
連絡先
総合通信基盤局電波部移動通信課
担当:中川課長補佐、有村係長、三宅官
電話:03-5253-5896(直通)
FAX:03-5253-5946
E-mail:nm_concept_atmark_ml.soumu.go.jp
※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。 送信の際には、「@」に変更してください。

ページトップへ戻る