総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成25年度「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」に係る委託先候補の決定

報道資料

平成25年8月22日

平成25年度「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」に係る委託先候補の決定

総務省は、平成25年度「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」に係る提案について、外部有識者による評価を踏まえて委託先候補を決定しましたので、お知らせします。

1. 事業の概要

 これまでの実証研究(フューチャースクール推進事業)で判明した運用上の対応では解決できない課題について、技術的な解決を図るとともに、本格的な普及・展開を見据えて、クラウド・コンピューティング技術を最大限活用し、学校と家庭がシームレスでつながる教育・学習環境の構築に向けた調査研究を行うもの。

2. 結果

 平成25年6月14日(金)から同年7月16日(火)まで公募を行ったところ、5件の提案がありました。「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」評価会において外部有識者による評価を実施し、同結果を踏まえて、以下の1件を委託先候補として決定しました。提案内容の概要は別紙PDFの通りです。

 ○提案代表団体名 一般社団法人 日本教育工学振興会

 ○関連資料 平成25年度「教育分野における最先端ICT利活用に関する調査研究」に係る提案の公募
  http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu05_02000035.html
連絡先
<連絡先>
 総務省 情報流通行政局 情報通信利用促進課
 〒100-8926 東京都千代田区霞が関2−1−2 
          中央合同庁舎2号館11階
 担当: 龜井課長補佐、小林係長、中村調査員
 電話: 03−5253−5685
 FAX: 03−5253−5745

ページトップへ戻る