総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 令和元年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」(追加公募)に係る採択候補の決定

報道資料

令和元年10月30日

令和元年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」(追加公募)に係る採択候補の決定

 総務省では、令和元年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」の追加公募に対する提案の中から、外部有識者の評価を踏まえて採択候補を決定しましたので、お知らせします。

1 事業の概要 

 総務省では、IoT等の利活用による成果を日本全国の地域の隅々まで波及させるため、「地域IoT実装推進タスクフォース」を平成28年9月より開催し、地域課題の解決につながる「生活に身近な分野」を中心として、地域におけるIoTの実装に取り組む具体的道筋を提示するための「地域IoT実装推進ロードマップ」を策定いたしました。
 本事業では、これまでの実証等の取組を通じて創出された「分野別モデル」の普及展開を図るため、以下の要件に該当する地域での先導的な取組の提案について、令和元年7月10日から8月2日まで募集いたしました(追加公募)。

<要件A>
 地域IoT実装推進タスクフォースにおいて策定されたロードマップのうち、以下に該当する「分野別モデル」の横展開事業であること。
(公募を実施する分野別モデル)
 ・プログラミング教育
 ・医療情報連携ネットワーク(EHR)
 ・医療・介護・健康データ利活用モデル(PHR)
 ・妊娠・出産・子育て支援PHRモデル
 ・子育て支援プラットフォーム
 ・G空間防災システム
 ・スマート農業・林業・漁業
 ・地域ビジネス活性化モデル
 ・観光クラウド
 ・多言語音声翻訳
 ・オープンデータ利活用
 ・ビッグデータ利活用
 ・シェアリングエコノミー

<要件B>
 地域IoT実装推進タスクフォースにおいて策定されたロードマップのうち、以下に該当する「分野別モデル」の横展開事業(拠点整備)であること。
(公募を実施する分野別モデル)
 ・働き方(テレワーク)

2 決定の内容

 公募の結果、計12件の申請がありました。このうち、別紙1の外部評価委員による評価結果を踏まえ、以下の6件を採択候補として決定しました。各事業の概要は別紙2のとおりです。
 
NO 申請主体 事業名
1 公益社団法人日本観光振興協会 全国観光情報データベースの連携サービスによる回遊促進と情報登録の効率化
2 学校法人有坂中央学園 廃校を活用した「農と食のイノベーションセンター」による地域活性化事業
3 東京都板橋区 保育所AI入所選考システム導入
4 愛南漁業協同組合 愛南町の漁業におけるICTブイ利用
5 福岡県宮若市 保育施設入所選考AI化事業
6 九州電力株式会社 九州観光促進プラットフォームによる地域活性化

3 資料の入手方法

 資料については、総務省ホームページ(http://www.soumu.go.jp)の「報道資料」欄に、本日(10月30日(水))14時を目途に掲載するほか、総務省情報流通行政局地域通信振興課(総務省11階)において閲覧に供するとともに配布します。

4 関係報道等資料 

・地域IoT実装推進タスクフォース
 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/chiiki_iot/index.html
・地域IoT実装推進ロードマップ(改定)
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000164.html
・平成31年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」に係る提案の公募
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu06_04000156.html
・令和元年度予算「情報通信技術利活用事業費補助金(地域IoT実装推進事業)」に係る採択候補の決定及び追加公募の実施
 http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000218.html
 
連絡先
<連絡先>
総務省 情報流通行政局 地域通信振興課
担当:齋藤課長補佐、大石専門職、須田係長、
海老原官、冨永官、野木官
電話:03−5253−5756(直通)
FAX:03−5253−5759
E-mail:ict-model-project_atmark_ml.soumu.go.jp

※迷惑メール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。送信の際には、「@」に変更してください。
 

ページトップへ戻る