総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 放送に係る安全・信頼性の向上に向けて

報道資料

平成23年5月17日

放送に係る安全・信頼性の向上に向けて

(情報通信審議会からの一部答申)
 総務省は、本日、情報通信審議会(会長:大歳 卓麻 日本アイ・ビー・エム株式会社 会長)から、平成22年12月21日付け情報通信審議会諮問第2031号「放送に係る安全・信頼性に関する技術的条件」について一部答申を受けました。

1 概要

 放送は、日頃から国民生活に必需な情報をあまねく届け、災害や国民的な関心事に関する重要な情報を広範な国民に対し瞬時に伝達できることから、極めて高い公共性を有する社会基盤の一つとなっており、放送設備に起因した放送の業務への支障を防ぐことが重要となっています。
 このことから、平成21年8月に出された「通信・放送の総合的な法体系の在り方」(情報通信審議会平成20年諮問第14号)の答申では「設備の維持義務等に係る規定を整備することが適当」とされ、また、第176回臨時国会において改正された放送法で放送設備の維持に関する規定が設けられました。
 このような状況を踏まえ、放送法を施行する上で必要となる、放送の業務に用いられる電気通信設備の損壊又は故障による放送中止事故を防止するための放送に係る安全・信頼性に関する技術的条件について情報通信審議会情報通信技術分科会放送システム委員会(主査:伊東 晋 東京理科大学 教授)において検討が進められてきたところ、本日一部答申を受けました。

2 一部答申

 一部答申の概要は、別紙="PDF"のとおりです。

3 今後の予定

総務省では、本一部答申を踏まえ、関係規定の整備を行う予定です。
(関連報道資料)

・「放送に係る安全・信頼性に関する技術的条件」に関する情報通信審議会への諮問【平成22年12月21日】
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu08_01000011.html

・放送システム委員会報告(案)に対する意見の募集(放送に係る安全・信頼性に関する技術的条件について)【平成23年2月25日】
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu08_01000015.html

・放送システム委員会報告(案)に対する意見募集の結果(放送に係る安全・信頼性に関する技術的条件について)【平成23年5月16日】
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu08_01000021.html

・(参考)放送システム委員会 開催状況・配布資料等
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/policyreports/joho_tsusin/housou_system/hosou_system.html
連絡先
情報流通行政局放送技術課
担当:木村課長補佐、石黒安全信頼対策係長
電 話:(代表) 03-5253-5111(内線5785)
     (直通) 03-5253-5785
FAX: 03-5253-5788
E-mail: bsys_atmark_ml.soumu.go.jp
(※スパムメール対策のため、「@」を「_atmark_」と表示しておりますので、ご送信の際は、「@」に変更してください。)

ページトップへ戻る