総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > デジタル混信対策事業を実施する団体の公募の結果

報道資料

平成29年3月28日

デジタル混信対策事業を実施する団体の公募の結果

 総務省では、平成29年度予算に係る「地上デジタル放送への円滑な移行のための環境整備・支援」(デジタル混信対策事業)を実施する団体について、平成29年1月20日(金)から2月9日(木)まで公募を行いました。
 今般、外部有識者により提案内容の評価を行い、その評価も踏まえて以下のとおり実施団体を採択しました。

1 事業の概要

デジタル混信対策事業
 本事業は、地上デジタルテレビジョン放送の混信を解消又は防止するため、受信相談・現地調査を通じて、混信解消に係る対策を実施するものです。

2 受信者支援団体

 平成29年1月20日(金)から2月9日(木)まで、実施団体について公募を行ったところ、1件の応募がありました。これについて、外部有識者(構成員は別紙PDFのとおり。)により提案内容の評価を行い、その評価も踏まえて以下のとおり実施する団体を採択しました。

【実施団体】 一般財団法人電波技術協会

<関係報道資料>

○ デジタル混信対策事業を実施する団体の公募(平成29年1月20日発表)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu08_02000165.html
連絡先
情報流通行政局 放送技術課
担当:糸課長補佐、井上係長(内線5787)
電話:(代表)03-5253-5111
     (直通)03-5253-5787
FAX:03-5253-5788

ページトップへ戻る