総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「統計ユーザーのニーズに関する調査」及び「統計調査の負担感・重複感の実態に関する調査」の実施

報道資料

平成29年2月13日

「統計ユーザーのニーズに関する調査」及び「統計調査の負担感・重複感の実態に関する調査」の実施

 総務省及び内閣官房は、本日からHP上で「統計ユーザーのニーズに関する調査」と「統計調査の負担感・重複感の実態に関する調査」の二つの調査を実施します。

1 背景

 政府は、政府全体におけるEBPM(evidence-based policy making:証拠に基づく政策立案)の定着、国民のニーズへの対応等の観点から、抜本的な統計改革及び一体的な統計システムの整備等を政府が一丸となって強力に推進するため、統計改革推進会議(議長:内閣官房長官)を設置し、統計改革の議論を進めています。統計改革推進会議での検討に活用させていただくため、これらの調査を実施します。
 

2 調査に対する回答の受付期間

平成29年3月3日(金)まで

※改革推進会議での検討に活用させていただくため、調査に対する回答の受付期間を設けておりますが、期間以降に届いた調査の回答やご提案・ご意見も、今般の改革の中で可能な限り活用させていただきます。

調査票や回答の送付先などの詳細については以下のHPをご覧ください。

http://www.soumu.go.jp/toukei_toukatsu/index/seido/survey.htm
連絡先
(連絡先)
  政策統括官(統計基準担当)付
  統計改革推進担当室
  金子調査官、中村調査官、内山主査、山下主査
  電話:03-5273-5914(直通)
  FAX :03-5273-1181

ページトップへ戻る