総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 日EU・ICT政策対話(第24回)及び日EU・ICT戦略ワークショップ(第8回)の結果

報道資料

平成30年12月6日

日EU・ICT政策対話(第24回)及び日EU・ICT戦略ワークショップ(第8回)の結果

 総務省と欧州委員会通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局は、12月4日(火)に日EU・ICT戦略ワークショップ(第8回)を、12月5日(水)に日EU・ICT政策対話(第24回)をオーストリア・ウィーンにて開催しました。

1.日EU・ICT政策対話(第24回)

(1)概要

 日EU・ICT政策対話は、総務省と欧州委員会(通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局)との間で、ICT政策全般について、定期的に実施している政策対話です。
 今回(第24回)の政策対話では、日EU双方における政策動向等を踏まえ、主として以下の事項について対話を行いました。
 

(2)主な成果

ア 標準化
 EU側から、標準化に係る国際プロジェクト(InDiCo)等について説明がありました。日本側からは、日欧共同研究プロジェクト等について説明しました。引き続き、日EU間で取組状況を共有し、連携を進めていくこととしました。
 
イ 5G
 日本側から、5Gに関する導入見込みや周波数割当の取組等について説明しました。EU側からは、5Gの早期実現に向けた今後のロードマップ等について説明がありました。引き続き、日EU間で取組状況を共有し、連携を進めていくこととしました。
 
ウ データエコノミー
 EU側から、プラットフォーム規制案やブロックチェーンに係る取組等について説明がありました。日本側からは、プラットフォームサービスの在り方に関する検討状況や、情報銀行等の取組について説明しました。引き続き、日EU間で取組状況を共有し、連携を進めていくこととしました。
 
エ 国際連携
 日本側から、来年6月に議長国として開催するG20貿易・デジタル経済大臣会合に向けた準備状況等について説明しました。EU側からは、同会合に向けた議論に貢献していくとの意向が示されました。今後とも、日EU間で同会合に向けた意見交換を進めていくことを確認しました。
 
オ 電気通信事業分野の規制改革
 EU側から、電気通信規則改正案の検討状況等について説明がありました。日本側からは、電気通信事業分野における競争ルール等の包括的検証等の取組について説明しました。引き続き、日EU間で取組状況を共有していくこととしました。
 
カ サイバーセキュリティ
 日本側から、IoTに係るサイバーセキュリティ対策等について説明しました。EU側からは、サイバーセキュリティ分野における日本との連携の重要性について発言があり、今後、日EU間で専門家同士での意見交換を実施していくこととしました。
 
キ 量子通信
 EU側から、量子技術関連のプロジェクト等について説明がありました。日本側からは、総務省及び国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)における量子通信に係る研究開発の取組等について説明しました。今後、日 EU間で専門家同士での意見交換を実施していくこととしました。
 
ク AI
 日本側から、AIの研究開発ガイドラインや利活用原則に関する検討状況等について説明しました。EU側からは、AIに関する倫理ガイドラインの策定等の取組について説明がありました。引き続き、日EU間で取組状況を共有し、連携を進めていくこととしました。
 

(参考)日EU・ICT政策対話(第24回) 出席者

日本側:総務省吉田国際戦略局長 ほか
EU側:欧州委員会通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局ロウハナ総局次長、デグラーフF局長(デジタル単一市場担当)、オドノフューE局長(フューチャーネットワーク担当) ほか
 

2.日EU・ICT戦略ワークショップ(第8回)

(1)概要

 日EU・ICT政策対話の開催に先立ち、デジタル経済における重要課題について官民で自由な意見交換を行う場として、今般、第8回となる日EU・ICT戦略ワークショップを開催しました。日EU双方における政策動向や、実際のビジネスの場での課題等を踏まえ、主として以下の事項について対話を行いました。
 

(2)主な成果

ア データエコノミー
 日本側から、プラットフォームサービスの在り方に関する議論や、情報の自由な流通とデータ利活用に関する官民の取組等について説明しました。EU側からは、デジタル単一市場戦略に基づく情報の自由な流通やデータ共有・利活用に関する取組や、プラットフォーム規制案等について説明がありました。また、AI、ブロックチェーン等についても日EU双方から言及がありました。引き続き、日EU間で官民による取組状況を共有し、連携を進めていくこととしました。

イ トラストサービス
 EU側から、eIDASに係る取組等について説明がありました。日本側からは、トラストサービスに係る取組を説明しました。今後、日EU間で相互認証の実現に向けた連携を進めていくこととしました。
 
ウ サイバーセキュリティ
 日本側から、IoT、サプライチェーン等におけるサイバーセキュリティの取組について説明しました。EU側からは、サイバーセキュリティに関するEUの取組等について説明がありました。引き続き、日EU間で官民の取組状況を共有し、連携を進めていくこととしました。
 
エ IoTの標準化
 EU側から、IoTの標準化の重要性とEUの取組について説明がありました。日本側からは、事業者におけるIoTの標準化に係る取組について説明しました。引き続き、日EU間で官民の取組状況を共有し、連携を進めていくこととしました。
 
オ 次世代技術(5G、IoT、自動運転)
 日本側から、5Gに関する導入見込みや周波数割当の取組、自動運転に関する取組等について説明しました。EU側からは、5Gの早期実現に向けた今後のロードマップ等について説明がありました。引き続き、日EU間で官民の取組状況を共有し、連携を進めていくこととしました。
 

(参考)日EU・ICT戦略ワークショップ(第8回) 出席者

日本側:総務省吉田国際戦略局長、経済産業省、個人情報保護委員会事務局、
     (一社)経済団体連合会(経団連)、(一社)新経済連盟(新経連)、
     トラストサービス推進フォーラム、関連企業 ほか
EU側:欧州委員会通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局デグラーフF局長(デジタル単一市場担当)、デジタル・ヨーロッパ、関連企業 ほか
 

【関係報道資料】

日EU・ICT政策対話(第23回)及び日EU・ICT戦略ワークショップ(第6回)の結果(平成29年10月5日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin08_02000089.html
日EU・ICT戦略ワークショップ(第7回)の結果(平成30年4月19日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin08_02000099.html
連絡先
国際戦略局 国際経済課
担当 :佐々木課長補佐、後藤主査、堀尾官
電話 :03-5253-5928
FAX  :03-5253-5930

ページトップへ戻る