総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 世界文化遺産の保存・管理等に関する実態調査 <調査結果に基づく勧告>

報道資料

平成28年1月15日

世界文化遺産の保存・管理等に関する実態調査
<調査結果に基づく勧告>

 総務省では、世界文化遺産の持続的な保存・管理等を進める観点から、世界文化遺産に係る国、地方公共団体等の各種取組の実施状況を調査し、その結果を取りまとめ、必要な改善措置について関係府省に勧告することとしましたので、公表します。
連絡先
総務省行政評価局 内閣、総務、規制改革等担当室
担当:畠中、島岡
電話(直通):03-5253-5442
FAX :03-5253-5436
E-mail:https://www.soumu.go.jp/hyouka/i-hyouka-form.html

世界文化遺産の保存・管理等に関する実態調査−結果報告書(PDF)

表紙 前書き 目次 図表目次PDF

第1 実態調査の目的等PDF

第2 調査結果

 1 世界文化遺産の概要と現状等PDF

  (1)世界文化遺産の概要等PDF

  (2)我が国の世界文化遺産の保存・管理等の現状PDF

 2 世界文化遺産の保存・管理等の実施状況

  (1)世界文化遺産に係る地方公共団体等の各種取組状況PDF

  (2)世界文化遺産の適切な保存・管理の推進

   ア 文化財保護法に基づく保存・管理の推進

    (ア) 落書きによる重要文化財等のき損PDF

    (イ) 史跡等の無許可の現状変更等PDF

   イ 文化財保護法以外の法令等に基づく保存・管理の推進

    (ア) 自然公園法に基づく保存・管理の状況PDF

    (イ) 屋外広告物条例に基づく保存・管理の状況PDF

   ウ 来訪者の安全性又は利便性の確保PDF

  (3)世界文化遺産の活用の効果に関する情報提供の推進PDF


資料編「世界文化遺産の関係法令等」PDF


全体版PDF

ページトップへ戻る