総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 子育て支援に関する行政評価・監視 −子どもの預かり施設を中心として− <結果に基づく勧告>

報道資料

平成28年12月9日

子育て支援に関する行政評価・監視
−子どもの預かり施設を中心として−
<結果に基づく勧告>

 総務省では、待機児童の解消につながる子どもの預かり施設の効果的な整備を図る観点から、子ども・子育て支援に関する計画の作成状況や施設の整備等を調査し、その結果を取りまとめ、必要な改善措置について勧告することとしましたので、公表します。
連絡先
総務省行政評価局 評価監視官(厚生労働等担当)
担当:長澤、亀田、對馬
電話:03-5253-5453(直通)
FAX :03-5253-5457
E-mail:https://www.soumu.go.jp/hyouka/i-hyouka-form.html
※ 結果報告書等は、総務省ホームページに掲載しています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/hyouka_kansi_n/ketsuka_nendo/h28.html

子育て支援に関する行政評価・監視−子どもの預かり施設を中心として− 結果報告書(PDF)

表紙 前書き 目次 図表目次PDF

第1 行政評価・監視の目的等PDF

第2 行政評価・監視結果

 1 子育て支援制度の概要PDF

  (1)保育所等の待機児童数の現状等

  (2)これまでの子育て支援の取組

  (3)新制度における取組

  (4)今回の調査の内容等

 2 子育て支援に関する計画の作成PDF

  (1)地域の実情に即した計画作成の推進

  (2)広域的な施設利用状況の把握の推進

 3 施設の整備等の推進PDF

  (1)小規模保育施設等の整備の促進

  (2)放課後児童クラブの整備状況

  (3)一時預かり事業等の活用状況

 4 適切な保育環境の整備等PDF

  (1)保育の必要性の認定状況

  (2)小規模保育施設における延長保育事業の利用人数の確保状況

  (3)保護者の施設選択に資する情報公表の推進


全体版PDF

ページトップへ戻る