総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「ICTグリーンイノベーション推進事業(PREDICT)(旧名称:地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業)」の平成23年度研究開発課題の公募(予告)

報道資料

平成22年12月27日

「ICTグリーンイノベーション推進事業(PREDICT)(旧名称:地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業)」の平成23年度研究開発課題の公募(予告)

 総務省は、情報通信技術分野の競争的資金制度である「ICTグリーンイノベーション推進事業(PREDICT※1)(旧名称:地球温暖化対策ICTイノベーション推進事業)」において、平成23年度から新規に実施する研究開発課題を以下のとおり公募しますので予めお知らせいたします。
 なお、本研究開発は平成23年度予算案に盛り込まれているものであり、予算成立後、速やかに研究開発を開始できるようにするため、成立前に公募するものです。したがって、内容等に変更がありえることを予めご了承ください。

1 制度の目的

 PREDICTは、京都議定書第一約束期間(平成20年から平成24年まで)に集中して地球温暖化対策に資するICTのシーズ(種)の創出を促進し、得られた成果による大幅なCO2の排出削減を目指すとともに、これらの国際展開による温暖化問題に対する我が国の国際貢献を目的としています。

2 公募の対象

 PREDICTは、情報通信審議会答申「我が国の国際競争力を強化するためのICT研究開発・標準化戦略」(平成20年6月27日)に掲げられている11の研究開発分野※2の一つである、「地球環境保全(地球温暖化対策技術)」であって、研究開発終了後2〜3年程度で大幅なCO2の排出削減を実現する等のシステム化技術の研究開発課題を公募します。
 公募の概要は、別紙1PDFのとおりです。

3 公募期間

 平成23年2月7日(月) から 同年3月8日(火)17:00 まで
 (郵送の場合は、同日付必着)

4 応募方法

○応募に先立って、府省共通研究開発管理システム(以下「e-Rad」という。http://www.e-rad.go.jp/別ウィンドウ )への事前登録を行ってください。

○応募は、「e-Radによる電子申請」を行うとともに、総務省への「提案書の提出」が必要です。提案書の提出先は研究代表者が所属する機関の都道府県を管轄する各総合通信局等(別紙2PDF参照)となります。
○研究開発課題の提案要領、提案書作成要領は後日以下のホームページに掲載します。
 総務省のPREDICTホームページ
 (http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/predict/

5 その他留意事項

 その他不明な点に関しては、各総合通信局等又は本件連絡先までお問い合わせください。


※1 Promotion Program for Reducing global Environmental loaD through ICT innovation
※2 ネットワーク基盤、ユビキタスモビリティ、新ICTパラダイム創出、ユビキタスプラットフォーム、セキュアネットワーク、センシング・ユビキタス時空基盤、ユビキタス&ユニバーサルタウン、高度コンテンツ創造・分析・流通、スーパーコミュニケーション、超臨場感コミュニケーション及び地球環境保全(地球温暖化対策技術)の11の研究開発分野。
連絡先
総務省情報通信国際戦略局技術政策課
担当: 中島技術企画調整官、荒木開発係長 
     重成政策係長
電話:03−5253−5725
E-mail:predict@soumu.go.jp

ページトップへ戻る