総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > 放送政策の推進 > 4K放送・8K放送 情報サイト > BS右旋帯域再編とは −新4K8K衛星放送開始に向けたBS放送用周波数の再編−

BS右旋帯域再編とは −新4K8K衛星放送開始に向けたBS放送用周波数の再編−

BS右旋帯域再編に関するお知らせ

 2018年12月から「新4K8K衛星放送」を開始するため、次の日程にて、既存のBS放送(2K)に対し技術的な改修(※1)が行われます。

技術的な改修の日程
チャンネル 日時
BS ジャパン 4月16日(月) 00:00 〜 06:00
NHK (BSプレミアム) 5月8日(火) 00:00 〜 06:00
ディズニー・チャンネル 5月22日(火) 00:00 〜 06:00
BS アニマックス
スターチャンネル 2 5月28日(月) 00:00 〜 08:00
スターチャンネル 3 5月27日(日) 23:30 〜 5月28日(月) 08:00

 これにより、2018年の4月から5月にかけて、一部のBSチャンネルが一時的に視聴出来なくなる場合や、各チャンネルの作業日以降、予約録画に失敗する場合あります。

 このような場合には、以下の対処方法により、正常に受信・予約録画が可能になると考えられます。この対処方法を実施しても受信ができない場合は、「新4K8K衛星放送コールセンター」までご相談ください。

(1) 2018年4月 〜 5月に、一部のBSチャンネルが視聴できなくなった場合の対処方法
  • BS放送を受信できる状態から、他のチャンネルを選局した後、30秒以上視聴してから、元のBSチャンネルを選局する(例えば、BSのリモコンのワンタッチボタンの1を押してNHKのBS1を選局し、30秒以上度待つ。その後、視聴したいチャンネルを選局する。)(終わり)
(2) 2018年4月 〜 5月の作業日以降の予約録画に関する対処方法
  • 上記日程で技術的な改修を実施した後、一部の録画機等でBSチャンネルの予約録画に失敗する場合があります。
  • 詳しくは、新4K8K衛星放送コールセンターまでお問い合わせください。
新4K8K放送に関するお問い合わせは 新4K8K衛星放送コールセンター(BS右旋の帯域再編に関する窓口・フリーダイヤル) 0120-48-0004 ※運用時間は平日9時から17時

※1 技術的な改修作業の詳細(周波数再編)

 現在、BS放送では、日本が使用できる全ての周波数を用いて、2Kの放送を行っているため、このままでは4K放送8K放送を追加することは出来ません。このため、新たに「左旋偏波」という電波を用いて、これまでの放送(右旋偏波)とほぼ同じ周波数帯に重ねて送信する方法が計画されました。左旋偏波では、当初4K8Kを送信する予定でした。しかし、4K8Kをこの方法で送信する場合、既設のパラボラアンテナのほとんどが左旋偏波を受信できないことから、4K8Kの普及が遅れる恐れがありました。

 そこで、4K8Kの迅速な普及を図るため、既存の2K放送の右旋周波数を再編し、一部の4K放送を右旋で送信することとしました。これは、(1)一部の既存の2K放送の使用する帯域を削減し、(2)発生する隙間を用いて周波数を組み替え(再編)することにより、周波数を確保(第7ch)するものです(図表参照)。これにより7chにて、4Kを3番組送信できるようになります。また、現在、「4K・8K試験放送」に用いている周波数(第17ch)も試験放送終了後に4K放送に使用しますので、7chと17chにて合計6番組の4K放送を送信できることとなりました。

図表 周波数再編のイメージ 

周波数再編の日程

周波数の組み替え・集約に伴う停波
年月日 放送局 時間
2018年
4月16日(月)
BS ジャパン 00:00〜06:00
2018年
5月8日(火)
NHK (BSプレミアム) 00:00〜06:00
2018年
5月22日(火)
ディズニー・チャンネル 00:00〜06:00
BS アニマックス
2018年
5月28日(月)
スターチャンネル 2 00:00〜08:00
スターチャンネル 3 (前日)23:30〜(28日)08:00

注: CATV事業者を経由してBS放送をご覧の方は、上記、放送休止時間より長く放送が休止する場合があります。詳しくは視聴されているCATV事業者にお尋ねください。

(参考)周波数の一部の削減

年月日 放送局 時間
2018年
1月14日(日)
NHK (BSプレミアム) 01:00〜06:00
NHK (BS1)
2018年
1月22日(月)
BS 朝日 01:00〜06:00
BS-TBS
2018年
1月29日(月)
BS 日テレ 01:00〜06:00
BSフジ

ページトップへ戻る