総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT街づくり推進会議

ICT街づくり推進会議

背景・目的

 東日本大震災の経験を踏まえた災害に強い街の実現、地域コミュニティの再生・地域活性化等、地域が抱える様々な課題を解決するため、ICTを活用した街づくりへの期待が高まっています。
 総務省では、「ICTを活用した街づくりとグローバル展開に関する懇談会」における議論を踏まえ、最先端のICTを社会実装したICTスマートタウン先行モデルの実現に向けた実証プロジェクトを推進するとともに、同モデルの国内外への普及・展開の推進、国際連携の推進等を行うため、「ICT街づくり推進会議」を開催しています。

ICTを活用した新たな街づくりのイメージ
ICTを活用した新たな街づくりのイメージ

検討事項

(1)ICTスマートタウン先行モデル実現に向けた実証プロジェクトの推進
(2)ICTスマートタウン先行モデルの国内外への普及・展開の推進方策
(3)国際連携の推進方策

構成員

座長
岡 素之
住友商事株式会社相談役

座長代理
小宮山 宏
株式会社三菱総合研究所理事長

石原 邦夫
東京海上日動火災保険株式会社相談役

岩沙 弘道
三井不動産株式会社代表取締役会長

清原 慶子
三鷹市長

須藤 修
東京大学大学院情報学環長・学際情報学府長

徳田 英幸
慶應義塾大学環境情報学部教授

村上 輝康
産業戦略研究所代表

(敬称略、座長・座長代理を除き50音順)

開催案内、配付資料、議事要旨

ICT街づくり推進会議 普及展開ワーキンググループ

 ICT街づくり推進会議における検討内容のうち、成功モデルの普及展開方策やICT街づくり共通プラットフォームの仕様に関する検討を行うことを目的として、同会議の下に普及展開ワーキンググループを設置しています。

ICT街づくり推進会議 共通ID利活用ワーキンググループ

 ICT街づくり推進会議における検討内容のうち、共通IDの活用推進方策等に関する検討を行うことを目的として、同会議の下に共通ID利活用ワーキンググループを設置しています。

ICT街づくり推進会議 地域懇談会

 実証プロジェクトを通じた課題の抽出、今後の方向性等を検討するとともに、地域住民の声を反映する観点から、実証プロジェクト実施地域において「地域懇談会」を開催しています。

これまでの検討の経緯

ICT街づくり推進事業

 総務省では、「ICTスマートタウン」の先行モデル実現を目指し、ICTを活用した街づくりに関する実証プロジェクトを実施しています。

関係会議

関連サイト

ページトップへ戻る