総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT利活用の促進 > ICTによる環境にやさしいまちづくり

ICTによる環境にやさしいまちづくり

事業の概要

 環境にやさしいまちづくりを支援するため、最先端のICTを利用し、地域特性に
合わせたICTシステム基盤を構築・実証する。これにより、環境負荷軽減のために
必要な通信の技術を確立し、ICTによるスマートグリッドなど地域資源の生産と消
費の最適化を推進することを目的として、平成22年度に全国6か所で地域実証を行
ったものです。

地域実証の一覧

【福岡県北九州市】
コミュニティ内のエネルギーマネジメントシステムのための通信基盤の信頼性と
セキュリティの確保やエネルギーの見える化を行い、環境負荷軽減への貢献度を検証した。

【愛媛県松山市】
住宅地において宅内等の通信の技術仕様の検証を行い、電気・ガス・水道・自動車等の複数の
エネルギー・資源を対象として、日本型スマートグリッドの可能性を検証した。

【熊本県熊本市】
病院を中心にした地域コミュニティにおいて、エネルギー消費の実態を見える化し、データ
等から電力使用量の予測シミュレート等を行うための仕様を構築する。また、将来的に必要
とされる、地域蓄電情報システム及び電力融通システムのシミュレート及び制度検討を行っ
た。

【青森県六ヶ所村】
各家庭に設置したセンサーによって電力使用量を測定するとともに、地域ネット−ワーク接
続型クラウド内の需要予測シミュレーションシステムにより、電力利用の効率化・最適化の
実現を支援するICTシステムの構築・実証を行った。

【宮城県栗原市】
生活拠点や都市機能が広域に分散する地域(広域分散型地域コミュニティ)を一体化し自然
環境と人が共生するためのICTシステムを構築した。

【長崎県五島市】
港湾ターミナルを中心とし、既に独立して策定されている各種標準化案件(通信網・通信QoS
・セキュリティ・情報家電・EV/ITS・スマートグリッド)を利用し、それらを統合するための
通信システムを構築した。

地域実証の成果

各実証地での成果
 
<環境負荷軽減型地域ICTシステム基盤確立事業>
 
 
 
 
 
<ネットワーク統合制御システム標準化等推進事業>
 
 〇宮城県栗原市>PDF  
 

環境にやさしいまちづくり リーフレット

 
<問い合わせ先>
総務省情報流通行政局
情報流通振興課
電話:03-5253-5751

ページトップへ戻る