総務省トップ > 政策 > 情報通信(ICT政策) > ICT利活用の促進 > オープンデータの推進 (政府全体の取組)

オープンデータの推進 (政府全体の取組)

沿革

オープンデータに関する政府の主な取組(詳細は下記のPDFを参照)

オープンデータに関する政府の主な取組PDF

2012年7月 「電子行政オープンデータ戦略」PDF
  • オープンデータの基本原則(積極的な公共データの公開、機械判読可能なデータ形式、営利目的を含む二次利用の促進等)を記載
  • 政府が取組を推進し、独立行政法人、地方公共団体、公益企業等の取組に波及させる
  • 推進体制として、官民による実務者会議の設置を記載
2013年6月 「電子行政オープンデータ推進のためのロードマップ」PDF
  • 当面3年程度を視野に、取り組むべき内容を網羅的に整理
  • 優先的に取り組むべき重点5分野の設定(白書、防災・減災情報、地理空間情報、人の移動に関する情報、予算・決算・調達情報)を整理
  • 二次利用のルールの整備(機械判読に適したデータ形式のガイドライン整備)
2014年6月 「政府標準利用規約(第1.0版)」PDF
  • 各府省ホームページの利用ルールのひな形として作成
  • 基本的な利用条件はCC-BYと同様に出典の記載としつつ、各府省から示された意見も踏まえ、国のできるだけ多くのコンテンツに適用できるように構成
2015年2月 「地方公共団体オープンデータ推進ガイドライン」PDF
  • 地方公共団体におけるオープンデータの取組を推進する観点から、取り組むにあたって参考となるガイドラインと手引書を公表
2015年6月 「新たなオープンデータの展開に向けて」PDF
  • 「課題解決型のオープンデータの推進」に発想を転換し、オープンデータ利活用を課題解決にビルトイン化
2015年12月 「政府標準利用規約(第2.0版)」PDF
  • 各府省ホームページの利用ルールのひな形として作成
  • 国際的にオープンライセンスとしてみなされるよう、禁止条項の削除、利用ルール適用外コンテンツを記載し、CC BYとの互換性も明記
2016年5月 「オープンデータ2.0」PDF
  • データ公開中心の取組からデータ利活用による諸課題の解決に向け、2020年までを集中取組期間と定め、「一億層活躍社会の実現」、「2020年東京オリパラ競技大会」等の政策課題を強化分野と設定。
2016年12月 官民データ活用推進基本法PDF
  • オープンデータの推進を国や地方公共団体に対し、義務付け。
2017年5月 「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」PDF
  • 平成32年度までに地方公共団体のオープンデータ取組率100%を目標にすることを明記。
「オープンデータ基本指針」PDF
  • 国、地方公共団体、事業者が公共データの公開及び活用に取り組む上での基本方針を規定。(行政保有データはすべてオープンデータとして公開することを原則とすることを明確化)

ページトップへ戻る